やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

おばあちゃんの得意技

今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」

 

父方の祖母はお料理が得意ではありませんでした。

『得意ではない』というのは控えめな表現で、ほぼ出来ませんでした

その分祖父が出来る人で、40年も昔におされなイチジクのジャムを作っていました。

明治生まれと大正生まれのカップルとしては、珍しいケースといえましょう。

 

幼稚園児のころ、祖母と二人で作った思い出の『ホットケーキ?』。

 

私「おやつにホットケーキが食べたい」

祖母「ホットケーキ、美味しいもんなあ」

私「おばあちゃん、作って!」

祖母「どうやって作るん?」

私「…茶色いから、ちくわを入れるんとちゃう?」

 

二人で作りました。

小麦粉にちくわの輪切りを入れ、水を入れてこねてからフライパンで焼きました。

予想とまるで違う物体に仕上がった食品を、二人で首をひねりつつ完食しました。

 

そんな祖母に、

還暦を目前にして得意料理ができました!

 

     そら豆のあんこ

 

よりによってなぜ、あんこ。

しかも上手い。美味い。

小豆で作るものより色が浅く、甘み控えめであっさり。

手間のかかるこしあん

 

みんなに「美味しい」「美味しい」と言ってもらえるのが嬉しかったのでしょう。

祖母は作って作って、作りまくりました。

 

ある日、祖父は結婚して以来初めて愛妻弁当を手に入れました。

お昼になるのを待ちかねてお弁当の蓋を開いた祖父。

一面に敷き詰められたそら豆のあんこ見たときの祖父の哀しみは、

 

余人には、計り知れない…。

 

                    f:id:kaedeya:20180916221707p:plainいらすとやさん】

                      まあ、おにぎらずのおはぎバージョンだと思えばなんとか。