やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

ざっくり【日本の神話 -introduction】

神無月。

日本の神さまがみんな出雲に出張しておられるというのに、

各地で祭礼が行なわれております。

まあ、そのへんは神さまだから(°_°

 

先日、ブログ巡りをしておりましたら、

天照大御神って、兄弟がいたの?」

というお言葉を見つけました。

 

どっさりいます(°_°

 

古事記日本書紀などで、天照(アマテラス)と同じ場面で生まれた

月読(ツクヨミと 須佐之男スサノオ

この二柱は有名ですが、

伊邪那岐イザナギ)&伊邪那美イザナミの夫婦神から、

あるいはどちらかから生まれた神さまは、どっさりおります。

古事記』を参照しつつ、ちょろりとまとめてみましょう。

 

☆ ☆ ざっくりあらまし・その1 ☆ ☆ ☆

▇ 宇宙は混沌としていた。

▇ 天と地が分かれたとき、三柱の独身神が現われた。

▇ ドロドロした地(国土)から、二柱の独身神が現われた。

▇ どこからか、五組の神が現われた。

  ※イザナギイザナミは、五番目に現われた対の神です。

 

神話の本編はここから始まるよ(°▽°

 

☆ ☆ざっくりあらまし・その2 ☆ ☆ ☆

▇ 独身神たちが、イザナギイザナミに「国を生め」と命じた。

イザナギイザナミが結婚した。

▇ 二柱から、日本の国土や神さまがどんどん生まれた。

 

 例:大綿津見(オオワタツミ)=海の神さま

   大山津見(オオヤマツミ)=山の神さま

 

▇ 火を産んだとき、イザナミは大火傷を負った。

▇ 瀕死のイザナミから、たくさんの神さまが生まれた。

  ※神さまが、排泄物や吐瀉物から生まれてきます。

イザナミは死んでしまった。

▇ 悲しみと怒りで、イザナギは我が子である火の神を殺した。

  ※火の神さまは、迦具土カグツチ)といいます。

    静岡県にある、秋葉山本宮・秋葉神社主祭神ですね。

  性別は《男》? 《不詳》という説もアリ。

 ※殺された火の神の血からも神さまがどっさり生まれます。

 

神さまはどこからでも生まれるよ(°_°;

 

☆ ☆ ざっくりあらまし・その3 ☆ ☆ ☆

イザナミは死者の国=黄泉(よみ)へと行ってしまった。

イザナギは妻を諦めることができず、追いかけた。

 ※ 黄泉津平坂(よもつひらさか)を通って行きます。

 ※もともと『坂』とは『崖』を意味します。

イザナギがたどり着いたとき、妻は変わり果てた姿になっていた。

▇ あまりの恐ろしさに、イザナギは逃げ帰った。

 

このへんは、ぜひ書籍を読んでね(°▽°♪

 

☆☆ざっくりあらまし・その4☆☆☆

▇ 逃げ帰ったイザナギは、気色悪さに体を洗った(禊ぎ)。

▇ 体を洗っている途中、たくさんの神さまが生まれた。

▇ 気分がさっぱりしたイザナギは、最後に顔を洗った。

 ※左目を洗った → アマテラス誕生。

 ※右目を洗った → ツクヨミ誕生。

 ※鼻を洗った    → スサノオ誕生。

 

はい、有名どころの誕生です(°▽° ノ

 

ここまでに生まれた神さまは、おおざっぱな括り方をすれば

みな兄弟姉妹です(カグツチから生まれたのは伯父伯母か)。

 

アマテラスたちは、お父さんが単独で産んでいます。

「お母さんはイザナミです」と言い切るには無理があります。

が、この先ストーリーが進みますと、スサノオ

「お母さんに会いたい」

とか言い出すんですが。

お母さんって、誰?(°_°;

 

☆☆『日本書紀』に紹介されている一つの伝説☆☆☆

イサナギが「特別な子がほしいな」と銀色の鏡を掲げたらば

 *左手に掲げた白銅鏡から → アマテラス

 *右手に掲げた白銅鏡から → ツクヨミ

 *よそ見をしていたら   → スサノオ

 

古来日本では《左》の方が《右》より格上。

ゆえに三柱の中ではアマテラスが一番格上になります。

しかし、そうすると《鼻》とか《よそ見》とか。

スサノオが微妙(°_°;

 

他の二柱とのセット感から、はみだしています。

 

アマテラスとツクヨミは独身神です。

スサノオだけが、結婚して妻を持ちます。

ツクヨミは『出雲風土記』の女神、都久豆美と同一神という解釈も。

 

じゃあ、どうやってアマテラスは子孫を残したのか。

ここでスサノオの役回りが見えてきます。

 

詳しくはきちんとした書籍を読んでね(°▽°

 

古事記』と『日本書紀』は天武天皇が編纂を命じた書物です。

ですが、彼は仕上がりを見ることができませんでした。

古事記』は娘の元明天皇(女帝)に、

日本書紀』は孫の元正天皇(女帝)に完成が奏上されました。

 

神話は神話として味わいたい私ですが、

スサノオの姿に、大海人皇子(天武)の姿が重なります。

たぶん気のせいですが。

 

そういう分野は、他の方々にお任せします。

 

日本の神話は楽しいですぞ~。

 

 

ーおまけ・本日のねこー

 朝、ダイちゃんが戻ってきていました。

昨日は《ねこねこ会議》だったそうです。

 

^ーωー^ ちょっとつかれた。

f:id:kaedeya:20191024154829j:plain

 

^ーωー^ ぱぱ、おかえり~。

f:id:kaedeya:20191024155119j:plain

今日も面倒見のいいダイちゃんなのでした。

 

 

《商品リンク》↓ 読みやすいと思います。 


現代語古事記 ポケット版

 

 

《商品リンク》↓ なんというか、こう…。読んでください。


神代幻夢譚

 

面白くなくても、お代をお返し出来ないのが心苦しいですが。

そのあたりは、ご容赦ください。