やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

ざっくりDIY~猫用ハンモックを作りたい~

妹からLINEが来ました。

 

°▽°)手作りの猫用ハンモック、流行ってるらしいよ。

それは、私が不器用と心得た上での情報か?(°_°

 

インターネットで調べてみました。

『流行っている』というだけあって、情報はたんまり。

 

°▽°)ブログばえするね。

…うまくできたらね(°_°

 

ちょうど最近、友人が

「猫が棚と棚の間を行き来できるように」

と、本格的な【ブリッジ兼ハンモック】を作成したばかり。

もちろん、こちらは百均素材ではありません。

実は、とてもうらやましかったのです。

 

早速《セリア》さんに飛び込みました。

 

猫ハンモックの材料ください \(°▽° 

「はい?」

 

田舎では完全室内飼いの猫はおりません。

ハンモックなんぞ必要なかったよ。

 

^・ω・^ クッションのきいたイスもあるし。

f:id:kaedeya:20191025132040j:plain

それは、私の膝のことか?(°_° #

とりあえず、店員さんに趣旨を説明して材料を揃えました。

 *クラフトラック紙管(30㎝)2本セット ✕ 10

 *ジョイントパーツ(L型)  2個セット ✕  4

 *ジョイントパーツ(T型)  2個セット ✕  2

 

    *合計金額(税込み):1,760円

 

布は家にあるもので適当に、と思ったのですが。

こういうときに限って適当なものが見つかりません。

 

ダイソー》さんで柔らかタオルを購入しました。

f:id:kaedeya:20191025132612j:plain

右のタオルは、長さが78㎝あります。

これなら輪に縫えば、サイズ的にちょうどよさそうです。

ミシンがありませんので、できるだけ縫う部分を少なくしたい。

 

^ーωー^ うむ。よかろう。

f:id:kaedeya:20191025132958j:plain

ダイちゃんが触り心地を確かめてくれました。
では縫いましょうか。

 

縫い目が見えん(ー_ー;

f:id:kaedeya:20191025133133j:plain

ふかふかすぎて、糸が見えません。

目が粗くならないように気をつけましょう。

それから、猫の前で針を使うのは危ないです。

興味津々で寄ってこられると、ちょっとコワイ。

 

f:id:kaedeya:20191025133615j:plain

 

先にパイプを組み立てよう(°_°;

 

f:id:kaedeya:20191025133537j:plain

 

ビニール包装の裏側に説明書きがありますので、

それに従えば簡単に組み立てることができます。

気をつけるべきなのは、ジョイントパーツの上下。

 

パイプを差し込む羽の部分に注目。

f:id:kaedeya:20191025134117j:plain

丸い成形跡がついている面と、ついていない面があります。

今回、私は成形跡がある方を下に向けました。

揃えないと、せっかく組み立ててもガタガタします。

学校の机にも、そういうのあるよね(°▽°;

 

f:id:kaedeya:20191025134635j:plain

f:id:kaedeya:20191025135231j:plain

 

はい、ひとつできました。

f:id:kaedeya:20191025135157j:plain

試しにダイちゃんに乗ってもらいましょう。

 

f:id:kaedeya:20191025135415j:plain
f:id:kaedeya:20191025135444j:plain

 

^・ω・^; 落ち着かないの。

 

ダイちゃんには、ちょっとサイズが小さかったか。

気を取り直して、次のタオルを縫いましょう。

こちらは、たるみをもたせようと思います。

 

パイプが通らないと困るので、確認中。

f:id:kaedeya:20191025135744j:plain

 

幅を確認したら、あとは直線に縫うだけです。

ちくちくちくちく。

ちくちく…、おや?

 

遊んでくれていますよ!(°▽°

f:id:kaedeya:20191025141453j:plain

f:id:kaedeya:20191025140151j:plain

 

嬉しいなあ。

がんばろう。

 

そして完成したのがこちらです。

f:id:kaedeya:20191025140628j:plain

では、ダイちゃんを乗せてみましょう。

 

^・ω・^; 使い方が、分かりません。

f:id:kaedeya:20191025140904j:plain

元ノラのダイちゃんにはハードルが高かったようです。

キジもトライしておりましたが、上れませんでした。

そのうち誰かが使えるようになってくれるといいのですが。

 

ダイちゃん用に大きいサイズが必要かな。

f:id:kaedeya:20191025141722j:plain

f:id:kaedeya:20191025141555j:plain

f:id:kaedeya:20191025141959j:plain

サバは気に入ってくれたみたいです。

 

明日の朝になったら、バラバラに分解されていたりして。

いや、《セリア》さんの力を信じましょう。