やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

古墳とコフニスト

古墳クッション『ゆきこ』と『鬼滅の刃』。

f:id:kaedeya:20200513205522j:plain

予想していたことではありますが、

古墳クッションに心惹かれる方が多数おられました。

 

こちらのクッション。

椅子張り職人さんが丹精込めて作り上げた逸品なのです。

 

※詳しくはこちら↓

cosmic-re-chair.ocnk.net

 

覗いていただくと、その品揃えの多さに驚かれると思います。

 

実家には雪に覆われた古墳をイメージした『ゆきこ』の他に、

緑色の『いまこ』と桜色の『はるこ』がいます。

可愛いです。

 

「雲のようにふかふか」ではなく、がっつり筋肉質な手応え。

昼寝枕によし。

腰枕にしてもよし。

怖い映画を見るときにもおすすめです。

ソファに座ってぎゅうっと抱きしめると、

えもいわれぬ安心感\(°▽°

 

そもそも、このクッションの存在を知ったのは…

何年前だったか。

世に『コフニスト』という方がおられると知ったときでした。

 

☆コフニストとは☆☆☆

古墳を愛してやまない方々のこと。

『可愛い』『癒し』『ロマン』。

学術的なことはいったん脇に置いて、

それぞれが独自の視点でゆる~く古墳を愛でる。

 

『古墳にコーフン協会』という組織もあります。

 

※会長:まりこふん さん

kofun.jp

 

マニアの方々はすごいのです。

♡ 好き → もっと知りたい → 調べる

→ 愛深まる

→ さらに深く知りたい → 調べる →…。

 

このループゆえ、ものすごい量の知識を蓄えます。

学者さんたちのような、しがらみがありません。

自由です。

古墳に限ったことではありません。

恐竜とか、昆虫とか、鉄道とか。

なにものかへの愛に突き動かされた方々が、

ときに従来の学説をひっくり返すような発見をするのです。

 

私が住んでいるところにも古墳があります。

人力で土を盛った円墳もありますが、

多数は山の側面をくり抜いて石室を設けた小規模なものです。

けれど、その中に入りますと空気が違います。

古代の香りがします(°▽°

 

危険なので、そうそう入ることはできません。

ひんやりと時が止まったような感覚。

あれはいいものです。

 

古墳もハニワも好きです。

琴を弾く埴輪のレプリカも持っていたはず。

古代グッズを見かけると、ついつい手が伸びます。

そのうちコフニストを名乗り始めるかも知れません。

 

私のコレクションの一部。

f:id:kaedeya:20200516081050j:plain

出雲勾玉。

実家ダンボールから出土したクジャク石のネックレス。

開物発事さんからいただいた『きつね石』

私の手作り埴輪。

南部鉄器の土偶

 

文具も持っていました。

 《商品リンク》どれも使い勝手がよいです。


『古墳めも』と『くりっ墳』は特にお気に入りでした。

今は手元にありません。

すべて使い切りました(ー_ー

 

今欲しいのは、フェリシモさんのグッズ。

※画文帯神獣鏡ポーチ

www.felissimo.co.jp

 

また新しい用語が出現しましたよ。

 

コフン・コフニスト・コフニカル(°▽°

 

そのうち貫頭衣が大流行する予感がします。

 

 

《商品リンク》かわいい南部鉄土偶たち ♪ 


鉄分補給 南部鉄偶 -NANBU TETSUGU-


壱鋳堂 鉄分補給 南部鉄偶ツインズ(腹筋&背筋)