やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

猫は狩りをし、私はかぼちゃの種をまく。

見事なヤブガラシ畑。

ここにはかぼちゃ畑予定地です。

ゴールデンウィーク中になんとかするつもりでした。

一応がんばってはみたんですよ。

 

ヤブガラシの根っこと戦う私。

しかし整地は終わらず、連休は終わりました。

仕方ありません。のんびりやりましょう。

畑に向かいますと、その手前にサバ。

 

^・ω・^ はむはむ。

何か食べているようですね。

朝食はたんまり食べたはずなのに。

一体何を狩ったんでしょう。

カエルはいけませんよ。マンソンに取り憑かれます。

 

^・ω・^ 若どりです。

うわあ、ひな鳥ですか。

自然界は弱肉強食。

鳥さんには申し訳ありませんが、仕方ない。

責任を持って全部いただくのですよ。

では私はヤブガラシと戦ってきます。

 

本日の現場。

天気予報は曇りのち雨。

今日はどこまでできるかな。

 

どっこいせーの。

無心に土を掘り、ヤブガラシの根っこを抜きます。

^・△・^ ここにいるからねー。

背中の方からサバの声。

ボケの茂みに潜っているようです。

トゲが刺さらないのかな。

^・△・^ ねー、分かってるー?

はいはい、にゃーにゃー(°_°

気のせいかな。

サバもうるさいですが、鳥の声がうるさいんですが。

 

^ー_ー^ しっかりやんなさいよ。

うわああああ。

どうやらボケの枝に鳥の巣があるようです。

チビたんがサバの狩りを監督しております。

 

この後、サバはひな鳥をゲットしてきました。

レンガ道にぽとん。

^・ω・^ どーぞ。

私の分か!(°△°;

 

羽はすでにむしられて、がぶっと食べられる状態。

つまり、下処理まで施してくれたわけです。

 

親鳥には本当に申し訳ない。

申し訳ないのですが、サバの気持ちが嬉しい。

ごめんね、ひな鳥さん。

ありがとう。いただくよ(;▽;

 

ひな鳥さんを手に取ります。

サバがこっそり見ています。

はむはむするふりをしたあと、草むらにぽーい。

ごちそうさま(;▽;

あとは自然の生き物に任せます。

 

^・ω・^ 元気、出た?

うん。サバのおかげでやる気が出たよ。

雨が降る前に、もうひとがんばりしましょうか。

サバの思いやりパワーを鍬を握る手にこめて。

掘るべし掘るべし掘るべし!

 

畝がふたつできました。

ふー。予想以上に進みましたね。

この勢いに乗って、種をまいてしまいましょう。

 

バターナッツかぼちゃの種。

キッチンペーパーの上にあるのは、自家採種の種です。

 ※参照 ➽ 哀しみのバターナッツかぼちゃ

よく確認してみたら12粒ありました。

*12粒+購入した種16粒=28粒。

さあ、蒔きましょうか。

私はいつも直まき。ポッドで苗を育てる自信がないのです。

 

種の向きを揃えて地面に置きます。

一カ所に3~4粒。

細い方を心持ち土に突き刺すようにして置きます。

その後、地面を撫でるようにして薄く土をかぶせます。

じょうろで水をかけたらば、

 

そこらへんで刈ってきた草をかぶせます。

手前の畝に自家採種の種を蒔きましたよ。

 

^・_・^ なんで草?

気安めですが、地面の保温のためですね。

朝晩はまだ冷える日もありますので。

種のお布団です。

 

今日はここまで。

戻っておやつにしましょうか。

^・ω・^ カニカマー。

まだ食べるんか。

太りますよ。

 

^ー_ー^  いつもの種は品切れでした。