やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

忍山神社:伊勢神宮の前に神宮だったお宮に初詣

2023年1月2日(月)。

今年の元日は日曜日でした。

元日は『国民の祝日』。

祝日が日曜日だった場合は、次の日が休日になります。

ということで今日は振替休日。

元日に振替休日があるとは今まで気づきませんでした。

では今日も元日みたいなものかな(°▽°

勝手な解釈をいたしまして。

せっかくなので初詣に出かけました。

詣で先は私の推し宮。

 

忍山(おしやま)神社

場所:三重県亀山市野村

由緒:紀元前91年

崇神天皇の御代に、猿田彦さまがご鎮座ましました。

 

ということは、

2100年以上の歴史有り(°_°;

さらには、倭姫を御杖代に天照大御神が伊勢にお着きになる前。

この宮にご鎮座なさったことがありました。

ですので、

半年ほど『神宮』だった、と(°_°;

その上、日本武尊のお妃、弟橘媛のご実家でもある。

歴史ロマンてんこ盛りのお宮なのです。

 ※ 詳しくはこちら➽ 忍山神社

 ※よろしければこちらも。

kaedeya.hatenablog.com

 

境内は小さな地方の氏神さまという趣ですが、

いつも手入れが行き届いて、静謐(せいひつ)

人によってはすごいパワーを感じるらしいです。

残念ながら私にはそんな力はありません。

落ち着くわ~(ー~ー

という感覚をいただいております。

 

空は良く晴れて、お参り日和。

岐阜の方から吹き寄せる雪雲に風花が舞っています。

鳥居をくぐって、本殿の方へ。

 

焚き火~♪

世話方さんや氏子さん。

お参りの方々が火を囲んでいらっしゃいます。

なんともアットホームな雰囲気ですね。

 

いやいや。

神さまへのご挨拶が先です。

いくらお餅が食べごろであろうとも。

ええ、断じて。

 

鈴をしゃらんしゃらん。

お賽銭ちゃらんちゃらん。

柏手ぱんぱん。

しっかりお祈りを済ませましたら、

 

こんがりお餅☆

お餅を焼く薪は、境内に生えていた木。

お手入れのために払った枝なのです。

ありがたい、ありがたい。

 

いただきま~す(°▽° ←焦げ好き

はむはむ、うまうま。

お餅をいただいておりましたら、

ぶふぉっ!(+△+;

ひゅるりと渦を巻いた風が私の方へ。

煙と細かい灰が全身にぶっかかりました。

 

これはアレですね。

神さまからのプレゼント。

五山の送り火の消し炭や浅草寺の煙と同じ。

私の身を清めてくださったのでしょう。

ありがとうございます。けほけほ。

調子に乗っておみくじチャレンジ。

そいやっ。

 

大吉でんがなー。

大吉にお目にかかったのは十年単位で久しぶりです。

なんかもう、有り難しといふもおろかなり。

 

お参りを終えての帰り道。

遠くのお山に虹がかかっていました。

 

「幅広い交際が道の扉を開く」

みなさまとのおつきあいが長く続きますように。

 

^ーωー^ ヌクモリティに感謝なのです。