やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

よそサバ、サプライズ。

栴檀(せんだん)の花が光に揺れる土曜日のお昼前。

所用があって、田舎の集落をてくてく歩いておりました。

遠くで草を焼く煙が青い空に溶けていきます。

水路の音はさらさらと。

たいそうのどかな村落の風景でございました。

と、となりを歩いていた妹の視線がすっと動き、

°△°)あ、よそサバ。

つられて私がそちらを見ますと

 

^・_・^ おや、ごきげんよう

偶然ばったり。

よそサバがよそんちの勝手口でくつろいでいました。

 

このあたりには農の達人アキヲさんのお家があったはず。

アキヲさんは猫フレンドリーです。

てことは。

ごはん、もらってますね(°_°

飼い猫ではなさそうですが、飢えることはなさそうです。

 

3日ほど前のこと。

よそサバにカリカリをあげました。

空腹を訴えられている気がしたからです。

kaedeya.hatenablog.com

 

その次の日の朝。

離れに入りますと、私と猫の共用スツールに異変が。

 

飛び出す中敷き。

白い毛が付着していますね。

それよりなにより、

なんだか、くっさい(ー_ー;

キジの挙動も不審です。

さてはここでケンカしましたね。

そして誰かがチビりましたね。

ニオイの元はどこでしょう。

どこだどこだ。くんかくんか。

 

こ~こ~かあ~(°=°

 

^・_・^; すんませんすんません。

よそサバが中で縮こまっていました。

くっさー。

 

私が来る直前まで争っていたのかな。

そんで、ここに追い込まれたのかな。

猫の事情は分かりません。

彼はごはんをほしがることもなく

^ー_ー^ ほんと、すんません…。

こそこそしょんぼり、外に出て行きました。

お土産を残して。

 

モグラシジュウカラ、しっぽのとれたトカゲ。

今までさまざまなものを猫にもらってきました。

しかし、ごはんのお礼に消化されたごはんをもらうとは。

こんなことは初めてです。

お土産はほっかほかで柔らかくて。

なかなか落ちなくて、とってもくさかったです。

 

^・ω・^ どんまい。

さいわい汚れもニオイも取れました。

スツールの買い換えも必要ありません。

けれど、朝からどっと疲れました。

 

猫の疲れは猫で癒やすに限る。

そいやっ。

 

^≧▽≦^ きゃー。

大サービス、クロの白いエンジェルマーク。

 

^ーωー^  お代はおやつで。

ちゃっかりクロすけ。

 

^・ω・^ 栴檀は楝(おうち)ともよばれます。