やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

夏至の日には『粽(ちまき)』を食べるらしいのです。

みなさま、ごきげんよう

キジです。

今日は一年で一番昼が長い日、夏至ですね。

夏至というのは、冬至春分秋分に比べると影が薄いです。

冬至にはカボチャや「ん」のつくものを食べる。

春分秋分の日はお彼岸で、ぼたもちやおはぎを食べる。

夏至の日はなんとなくスルーされております。

 

なぜかというと、行事や食べ物が端午の節句とかぶるから。

地域によっては夏至の日に五色の糸や粽を川に投げ入れるそうです。

川の神さまへの捧げ物ですね。

端午の節句でも鯉のぼりの上に五色の吹き流しが飾られますし。

ちまき食べ食べ兄さんが背丈を測ってくれたりします。

夏至より先に端午の節句がやってきますから。

以下省略されてしまったんでしょうかね。

 

中国の書物によると、もともと夏至のものだったらしいのに。

端午の節句には柏餅もあるんだから、譲ってあげればいいのに。

かわいそうです。

ころりんちょ。

ねこ森町では、みんなが緑の葉っぱを巻き巻きしたものをもらいましたよ。

中身は焼きささみでした。

とてもおいしかったです。ぺろりんちょ。

お代りもできましたので、ぽんぽこりんです。

ふい~。

 

ところで、うちの人間てば。

夏至は明日だと思っていたみたいですよ。

ちまきーー\(°△°;

とか叫びながらどっかに行ってしまいました。

はてさて、ちまきを手に入れることはできるかな。

売り切れていてもキジは知りませんよ。

忘れていた人間がいけないのです。

 

……ありませんでした。

お目当ての和菓子屋さんがなくなってまして。

スーパーで麩まんじゅうを買ってきました。

☆理由:なんとなく似ていたから。

 

^ー_ー^;  いいかげん…。