やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

ねこもよう、しりもよう

夜明けがどんどん早くなっています。

もうすぐ夏至ですね。

 

*本日早朝、実家の庭。

この間頑張って草を刈ったのに、もうぼうぼう。

そのぼうぼうの草の間から、母屋を窺う白き顔。

しっぽを墨壺につっこんだような模様を持つ猫。

その名も『しりもよう』です。

 

ノラなのか半ノラなのか、自由な飼い猫なのか。

今年になって現われたニューフェイスです。

たまに猫玄関から離れの中に入っているもよう。

狙いはうちの猫どもの食べ残しだと思われます。

 

今日も3猫が朝ご飯を食べておりましたら、

^・_・^ むっ、あやつの気配!

キジが食卓を離脱。

向かった方を見てみると

 

^・_・^ あ、人間がいる。

いつの間にか入り込んでいたしりもよう。

私を見て逃げました。

 

^・_・^ 出てってもらうから。

猫玄関へと走るしりもようをキジが追いかけます。

やれやれ、慌ただしい。

 

^・ω・^ あー、もったいない。

キジの食べかけをおいしくいただくサバ。

クロもわりと無関心ですね。

もちろん、仲が良いわけではありません。

 

^・ω・^ キジ兄が行くならそれで。

食べ残しのお片付けが優先です。

しばらくしますと、庭の方ですんごい声が。

n^≧△≦^n   うきゃーー。

猫玄関からキジが飛び込んできました。

n^・△・^n  まてまてー!

続いて飛び込んでくるしりもよう。

 

^・ω・^; しつれいしましたー。

またもや私を見てUターン。

私に慣れないうちは、カリカリはやらん。

慣れてきたらやるかというと、それはまた別の問題です。

 

^・_・^ ここで見張る。

追いかけられたのが悔しいのか。

キジは廊下の見える位置でニャルソックです。

 

^ーωー^ タタミはすばらしい。

まあ、すぐに忘れるんですが。

 

^・ω・^ ん?

まだ庭にいるんですけどね。

しりもよう。

双葉すくすく

気温30℃超えの空に、濃いオレンジの花。

アメリノウゼンカズラ、どんどこ開花中。

花言葉:名声・情熱・華やかな人生…(他)。

梅雨は今どこまで来ているのでしょう。

田舎地方はすっかり夏模様です。

 

ベランダのバターナッツかぼちゃも元気。

種20粒のうち、18粒が発芽しました。

発芽率90%ですよ。すごいですね。

早くに発芽したものは、真ん中から本葉が出てきています。

嬉しいのですけが、それにしてもこれ

でかくないですか(°_°;

今まで見たかぼちゃの双葉より断然でかいです。

ちょっと長さを測ってみましょうね。

ええっと、開いた葉っぱの端から端までが。

11㎝☆

ポットの1辺が10㎝。

対角線が10√2㎝、てことはだいたい14㎝かな。

本葉が3枚になるまで、ポットが耐えられるでしょうか、

こんなに大きくなるとは思いませんでした。

 

※生後4ヶ月の3猫+1

左から:サバ、ハッチ、キジ、クロ。

 

※現在のキジ(5歳)。

爪とぎベッドからはみ出すでかさ。

こんなに大きくなるとは思いませんでした。

ほんまにもう、植物も動物も。

生き物というのはこちらの予想を軽々と上回ってくれます。

 

のんびりしてはいられません。

かぼちゃ予定地(元じゃがいも畑)を整えねば。

耕運機のサラダくんにがんばってもらいました。

しばらく雨が降っていないので畑の土はパッサパサ。

田んぼの水は大丈夫でしょうか。

 

カンカン照りの中で働くサラダくん。

おや、サラダくんから何か丸いものが。

 

ころん。


サラダくんが卵を産むわけはなく。

掘り残しのじゃがいもでした。

畑猫サバも出てこない炎天下。

ざっと耕したら、臨時収穫を持って撤収です。

 

^ー_ー^ どんなかっこうしても暑い。

戻ったらしっかり水分補給。

猫たちにも水溶きちゅ~るをあげましょうね。

 

***

紅白ジャーマンポテト

きたかむいとアンデスレッドをレンジで3分ほど加熱。

くし切りにして、タマネギ&ベーコンといっしょに炒めました。

調味料は塩とブラックペッパーだけ。

うまうまです。

 

^ー_ー^これは 爪とぎまくらなのです。

www.youtube.com

茅花とクロのなわばり拡充計画

草刈り前のあぜ道に、茅の花が咲いています。

猫のしっぽこに似た茅(ちがや)の花穂。

茅花(つばな)を田舎地方では『つんばら』と呼びます。

出たばかりの穂を、下校途中に道草として食しました。

もぐもぐ(°~°

もちろんおいしいものではありません。

子どもというのは、何でも口にするものなのです。

 

今はふわふわ、飛び立つ寸前。

この花が咲く頃に吹く雨の気配を含んだ南風を

『茅花流し』

というそうです。

茅花流しに乗って、この草は勢力を拡大してゆくのです。

 

^・ω・^^・ω・^^・ω・^ もぐもぐ。

キジ、サバ、クロ。

ひさびさに3猫そろって朝ご飯。

ここのところクロの外出が多くなっておりまして。

このフォーメーションでの食事は一週間ぶりです。

どこで何をしていたのやら。

^・ω・^ びゃ~。

いろいろおしゃべりしてくれるのですが、声がカッスカス。

何を言っているのかさっぱり分かりません。

私に分かるのは、

声帯を酷使したな(°_°

ということくらいです。

 

そして頭のてっぺんに、かさぶた。

鼻の右横にひっかき傷。

おそらくナワバリを巡る争いなどがあったのでしょう。

もしかしたら陣地を広げてきたかもしれません。

 

^・ω・^ クロはがんばった。

猫の本能ですから仕方ない。

しかし、しかしですよ。

 

^・_・^ ここ、おかしい。

長く留守にすると、拠点ががら空きになります。

 

^・_・^ ここもあやしい。

不在のクロのために置いておいたカリカリ。

よそサバが食べていきましたよ。

我が家のようにくつろいでいました。

 

なわばりパトロールも大事です。

しかし本拠地も大事。

てか、おうち優先でお願いします。

 

^・_・^ では、クロはここで。

 

^ーωー^ キジはここ。

ふたり体制でニャルソック。

そして死角になる猫玄関前では。

 

^ーωー^ すぴー。

しりもようが昼寝中です。

 

ここで一句。

あるく猫 茅花流しに 背を押され

 

なわばり拡大はほどほどに。

お帰りはお早めにお願いします。

 

^ーωー^ わりと居心地がよい。

すくすく

気温20℃超えの真夏夜(まなつや)が明けて。

朝からじっとりと蒸し暑い日になりました。

 

^・_・^ ふい~。

ブラッシング待ちのキジ。

目の焦点が合っていません。

猫も暑いのでしょう。

 

けれどこの暑さのおかげで、良いことも。

6月6日に種を蒔いたポット。

 

☆6月11日、8:00。

ちょろりと発芽を確認。

茎の背中(?)がわずかに持ち上がっています。

それから約6時間。

 

☆6月11日、14:00。

双葉がぱっかり開きました。

植物の力ってすごいですねえ。

ぽつぽつと7株ほど芽が出ていました。

そして本日、6月12日。

 

☆15株の発芽を確認。

 

ここは自宅アパート、室外機の上。

はためく洗濯物が鳥除けです。

本葉が四~五枚になったら畑に移す予定なのですが。

果たして都会っこの苗は野生畑で生き抜けるでしょうか。

 

一方、5月8日に畑に直まきしたかぼちゃたち。

5月24日に発芽を確認。

のち、ウリハムシにやられて全滅寸前。

6月4日にへろへろの4株を救出してきました。

 

☆レスキュードかぼちゃ。

1株撃沈、1株瀕死。残り2株が頑張っています。

ダメージの大きさゆえか、その成長は遅々として進まず。

1ヶ月遅れの苗に追い抜かれそうです。

急ぐ理由はありません。

近年は秋になっても気温が高いですからね。

ゆっくり育ってもらいましょう。

畑に出たら、また自然との戦いが待っています。

しっかりエネルギーを蓄えてください。

 

さて、私もちょっくら戦いますか。

道に枝垂れるあばれ萩。

長さ半分くらいに切ってしまいましょう。

萩の夏剪定ですよ。

 ※参照➽ 萩の夏剪定 - やれることだけやってみる

そいや。

 

^ー_ー^ サバの避暑地が。

心配しなくてもすぐに伸びてくるでしょう。

萩は強い子なのです。

 

^ーωー^ ならばよし。

 

そうそう、強い子と言えばブラックベリー

食べ頃の実がいっぱいついています。

ひょい、ぱく。ひょい、ぱく。

鳥より先にしっかりいただきましたよ。

 

^ーωー^ よかったね。

今年のさつまいもは安納芋

グミの梢からモズのさえずりが聞こえます。

今年の赤い実争奪戦は私の完敗。

はっと気づいたときにはすっからかんでした。

口に入ったのは一粒だけです。しょんぼり。

 

さて、六月も中旬。

気を取り直して、さつまいもを植えようと思います。

まずは失敗したかぼちゃ畑をすぱっと諦め、

 

サラダくん、GO!

三日前の金曜日。

みじゃみじゃ耕して、畝を作りました。

それからたっぷり雨が降りまして。

 

美しき緑と茶色のコントラスト。

手前の草地はとうもろこし畑です。

よそんちではもう雄花がさいているのですが。

植えたのが遅かったのでまだ膝丈です。

 

☆今年のさつまいも苗。

安納芋のつる苗を20本購入しました。

作った畝は3本。

ひと畝に10本ずつ植えて、端っこはあけることにします。

つるが伸びれば大地はすっぽり覆われることでしょう。

まあ伸びなければ草で覆われるわけですが。

 

では作業開始ですよ。

 

☆さつまいもの株間は25㎝。

しっとり湿った土にスコップで筋をつけていきます。

きちんと計っているように見せかけて、実は適当。

いつも大体こんなもん。

 

☆苗を印の上に置く。

バケツ水につけてあったつる苗。

すでにあちこちから根が出ております。

きっとすぐに活着してくれますよ。

将来有望です。ほくほく。

 

☆土をかぶせる。

ぽんぽん。

水をあげたら作業終了。

今回は十分なお湿りがあるので少なめにします。

 

^・ω・^ おわった?

最後に畑猫のサバがチェック。

今までどこにいたのか、ぴったりのタイミングで登場です。

合格点はもらえるかな。どきどき。

 

^・ω・^ どれどれ。

 

^ーωー^ ばっちり食べごろ。

おいでませ、草畑レストラン。

天然物の猫草を各種ご用意しております。

 

^・ω・^  この味はエノコログサ

【国際電話詐欺】ダイヤル +1 844-393-〇〇〇〇

ブラックベリーが色づいてきました。

完熟の黒い実を小鳥と奪う合う週末。

どこかからピロピロ音が聞こえてきます。

スマホの電話着信音のようです。

ずーっと鳴っています。

ぷつっと切れたと思ったら、再びピロピロ。

おーい、電話が鳴っていますよーと思ったら自分のでした。

ぴろぽろぽろぴん。

 

画面を見ますと未登録の電話番号です。

非通知ではありません。

また新たな太陽光パネル業者さんでしょうか。

かけ直すつもりはありませんが、番号を確認しました。

なにこれ(°_°

数字の前に「+」のマークがついています。

そして最初の数字1と次の8の間にわずかな空白が。

へんてこです。明らかにへんてこです。

 

こういうときはパソコンで検索です。

ぽちぽちっと。

 

*「+」から始まるのは国際電話です。

*「+1」という国番号は、

 アメリカ、アメリカンサモアアンギラ、アンティグアバーブーダ…他。

 

あんてぃぐあばーぶーだ…。

初めて聞く国名です。ぽちぽち。

 

☆アンティグアバーブーダの国旗。

アンティグアバーブーダ。

中南米にある国で、国家元首はチャールズ三世だそうです。

あら、イギリスと同じ。

興味を引かれますが、しかし多分ここじゃない。

アメリカからの可能性が高いような気がします。

 

アメリカの市外局番「844」はフリーダイヤル。

 

特定が難しいフリーダイヤル。

はい、詐欺ほぼ確定。

 

とまあ、つらつらぽちぽちしましたが。

0101や+1844などから始まる電話番号から、NTTファイナンスを騙る詐欺電話「NTTファイナンスより重要なお知らせです。現在ご利用中の電話回線にて未納料金が発生しているため法的措置へ移行いたします。オペレーターへおつなぎする場合は1を押してください。」を着信する事例が増えています。

https://sbapp.net/appnews/iphone/security/nfinanceoshirase-156509 

と、各所から警告が出ておりました。

国際電話でNTTを名乗るとは片腹痛い。

NTTのNはニッポンのNなのです。

  ☆NTT=Nippon Telegraph and Telephone Corporation

 

しかし、スマホを触っているときにうっかり出てしまったら

番号を確認しているヒマはないかも(°_°

一度切れたと見せかけて、連続でかけてくるのも手なのでしょう。

まったくもう、次から次へと。

浜の真砂は尽きるとも、世に盗人詐欺の種は尽きまじ。

 

^・ω・^ みなさまもご用心ください。

サバ猫と小鳥

畑猫、サバ。

外で作業をする人間を眺めるのが大好き。

日差しが厳しいこの時期、涼を求めて木陰にいます。

 

萩の陰。

 

モクレンの陰。

 

草の陰。

茂っているとはいえ、草の陰はさすがに狭い。

油断するとはみ出します。

ころりんころりん。

直射日光浴び放題です。


一番のお気に入りはボケの茂み。

木立の下にぽっかり空間がありまして。

すっぽり潜むと外からは見えません。

あまりに人間が気づかないので、ときおり

^・△・^ ここにいるんだけど。

と、にゃーにゃー主張してきます。

 

^ー_ー^ サバは見ている。

さようか。

ゆっくりしていなされ。

 

このボケの茂み。

小鳥たちの休憩スポットでもあります。

以前ここに、シジュウカラっぽい鳥が巣を作っていました。

それをサバが片っ端から狩ったことがあります。

 

*二年前の記録

kaedeya.hatenablog.com

 

あれからサバもおとなになりました。

鳥の声を聞きながら、まったりしております。

しかし、鳥の方は全くまったりできません。

ものすごく鳴いております。

「猫がおるぞー!」

ぢぢぢぢぢぢぢ。

 

☆実際の音声

www.youtube.com

 

両者の位置関係はこんな感じ。

鳥も警戒だか威嚇だかしてないで、さっさと逃げればいいのに。

この周辺をぴょこぴょこ跳ね回っています。

 

^ーωー^ うとうと。

けたたましく鳴く小鳥。

子守歌気分でくつろぐサバ。

不思議な関係ですねえ。

鳥の種類は確定できませんでした。

私が近づきますと鳴き声が変わりまして。

すばやく飛び去ってゆきました。

二種類いたような気がします。

 

畑に落ちていた卵の殻:5月27日撮影。

もうヒナは巣立ったのでしょうか。

サバが全滅させていないことを願います。

 

キウイの枝にも茶色い小鳥。

これはモズかな。