やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

ユリか、チューリップか

みなさまのブログを拝見しておりましたら、ムスカリのお写真がちらほらと。

で、自分も植えたことを思い出し、探してみました。

 

    \ 咲いてたー!! /

f:id:kaedeya:20190319141019j:plain

一面の柔らかな緑は春の野草たち。

お店からやってきた宿根草たちは、陣地争いに負けてすっぽりと埋もれております。

デルフィニウムはどこに植えたっけ。

 

やっぱり球根植物は強いなあ(°▽°

 

祖父が30年以上前に植えたスイセンは、増える一方ですし。

ジャーマンアイリスも、そろそろ植え替え時期ですが現役です。

一度地植えされた球根は、頑丈です。

どこから何が生えてくるか分かりません。

妹はそれらを、愛情を込めてこう呼んでおります。

 

「じじーどもが植えたバクダン」

 

ほんとにもう、ねえ。言い得て妙。

 

ところで、ムスカリを探しに行って気づいたんですが

 

  \  チューリップのつぼみも開きかけです /

f:id:kaedeya:20190319141258j:plain

『植えっぱなしOK☆』のことばに惹かれて、球根を購入しました。

原種のチューリップだそうです。

このチューリップたちも、いずれは野生化してナワバリをひろげていくのかな。

 

ところで、『ボタンユリ』ってご存じですか?

えーとね。ヒント。

鬱金(うっこんこう)。

…ほぼ答えになってしまいました。

チューリップの和名だそうです。全然浸透しませんでしたけど。

 

なんで、チューリップがユリ?(°_°

 

調べたら、ユリ科でした。ユリ科・チューリップ属。

何年か前に聞いた説。

 

『大天使ガブリエルが持っているのは、チューリップ』

 

この原種チューリップを見て、納得。      

f:id:kaedeya:20190319141452j:plain

花びらが真っ白で、中心部分が青紫。

これなら、違和感がないかも。

あの有名な『受胎告知』のシーンにも似合いそうです。

写り込んでいるのが私の手で、申し訳ありませんねえ。

旧約聖書に記述される『ユリ』も実は『原種チューリップ』だとか、何とか…。

 

^・ω・^ ………。

 

すみません。

現実逃避していました。

ダイちゃんにご飯をあげたら、雑木林の掃除をします。

f:id:kaedeya:20190319161257j:plain

 

雨が降り出す前に。

 

あっという間に袋がいっぱい。     これはジャノヒゲか、緑葉のヤブランか…。

f:id:kaedeya:20190319161456j:plain
f:id:kaedeya:20190319161204j:plain

 

 

 

【報告】あずきバーの香りがしました。


井村屋/あずきバー線香 ミニ寸[あずきの香り]

 

 

庭の千草 ~萌え出ずる新芽たち~

庭の雑木林に、新緑の気配。

ほどよく自然の趣を残し、気持ちよく手入れの行き届いた木立ち。

理想ですよね。

ナチュラルメイクというものが、かなり作り込まれたものであることは周知の事実。

同様に、ナチュラルな庭作りには、相当な手間がかかるものなのです。

日々の目配り、細やかな心配り。メンテナンスが必要なのです。

 

メンテナンス、していません(°▽°;

 

冬の間は静かにしていた植物たちが、そろそろを覚まし始めましたよ。

f:id:kaedeya:20190318140904j:plain

ツクシの季節はもう終盤。スギナがどんどこ生えてきました。

ほどよく繁ってくれるのならいいんですけど、ヤブ蚊のパラダイスになると困る。

今日と明日は、庭の美化に努めることにします。

 

手始めにバッサリと南天を剪定。

南天も油断がなりません。どこからでも出てきます。風情がどうのとか考えません。

あまりにもモッシャモシャ。       バッサリすっきり。

f:id:kaedeya:20190318141750j:plain
f:id:kaedeya:20190318141804j:plain

光の加減で見づらいですが、高低差もつけてみました。

これだけで疲れましたが、地面の方も見てみましょう。

 

菊:ブロック塀と木の間に生えている。

f:id:kaedeya:20190318142238j:plain

なぜこんな日陰に植えたのでしょう。分かりません。このままにします。

 

ホトトギス:玄関に続く飛び石の近く

f:id:kaedeya:20190318142407j:plain

増えすぎの予感。ゆくゆくは通り道にかぶさってきそうな気がします。

地下茎を伸ばして広がっていきますので、様子を見て切ることにしましょう。

 

ドクダミ:どこでも生える

f:id:kaedeya:20190318144127j:plain

これも地下茎で増えていきます。夏まで放置すると手に負えなくなります。

冬になれば枯れますけどね。

どれだけ取ってもちゃんと生えてくるので、今のうちにしっかり抜きます。

さっそく手が臭くなりました。

 

???:なにかの群生。

f:id:kaedeya:20190318144509j:plain

 

???:ナニコレ。

f:id:kaedeya:20190318144646j:plain

正体不明の植物が、どっさり芽を出しています。

引っ張るとぽろっと取れる。しかし根っこは出てこない。

これも地下茎で増える植物かな。

葉っぱが1枚出てくる芽の出し方。『単子葉』というやつですね。

ユリ科っぽいですが、去年こんなところに大量に生えていた記憶はありません。

ユリは強い花ですし、どこから生えても不思議ではないのですが。

 

キノコ:……お茶碗みたいな形ですな。

f:id:kaedeya:20190318145319j:plain

草を取っていると、時間を忘れます。

ついでに、忍者クマデをどこかに置き忘れました。

 

私のクマデー、いずこへー(°△°;

 

なぜ無くす。

さっきまで手にしていたのに。庭から出ていないのに。

 

お昼のサイレンが鳴っています。

まだ、3分の1も終わっていません。

くたびれました。

徒労感でぐったりしているところに、午前中のパトロールを終えたダイちゃんが。

 

^・ω・^n あ、いる。ご飯ちょーだい。

 

ちょうどよいところに、ちょっと癒しをくれなさい。

 

^・ω・^; うっわー、えらいときに来てしまった。

   f:id:kaedeya:20190318152057j:plain

             今日はもうおしまい。

          明日、まだがんばる(元気があれば)。

 

 《商品リンク》私のクマデ、知りませんか…?


千吉 忍者クマデ 潮干狩り用 5本爪

 

何でもあるよ! カメヤマローソク

     \ 話題のお線香、ゲットです /

f:id:kaedeya:20190317115554j:plain

明日は彼岸の入り。

「これ、じーさんが好きそう!」

と妹が言うので、新しい物と甘物が大好物の先祖一同のために購入しました。

井村屋あずきバーの香りのお線香。 

カメヤマローソクさんと井村屋さんがコラボした商品です。

どちらも、三重県が誇る優良企業。

いつの間にやら、カメヤマローソクさんの本社は大阪市に移動しておりましたが。

 

その昔、母はアメリカの知人にクリスマスカードを贈るときにはいつも、

「世界に冠たるカメヤマローソク!」

とか言いながら、わざわざ直売所までキャンドルを買いに行ったものです。

金箔がちりばめられたクリスマスキャンドルが、海を渡っていきました。

 

私の高校生時代、修学旅行は九州だったんですけどね。

バスの中で熟睡して、目が覚めたら道路脇にバーンと大きな看板が。

カメヤマローソク 🎂

寝ている間に修学旅行が終わったのかと思いましたよ。

 

災害時にもとてもお世話になるローソク

ともすれば地味なイメージがありますが、カメヤマローソクさんはチャレンジャー。

たとえば、結婚披露宴のキャンドルサービス

あれ、昭和34年に営業課長さんが自分の結婚式でなさったのが日本初だそうですよ。

 

     \ どうですか、この品揃え /f:id:kaedeya:20190317122430j:plain

f:id:kaedeya:20190317125213j:plain

 

ここは《東名阪道・亀山PA》お土産ショップの一画(高速に乗らなくても入れる)。

赤福うなぎパイなどの物産品がみっしりと並んでおります。

 

東海道ひとくくり…(°_°;

 

スペースが狭いので、品数は限られております。

隣接する《ハイウェイオアシス館》の方ならば、もっと充実していると思います。

        ※参考→ キャンドルハウス|candle house|カメヤマキャンドルハウス 公式サイト

 

桜餅ローソクは以前購入したことがありますが、お線香は初めて買いました。

はてさて、どんな匂いがするかな?

…鼻が詰まっていて、よく分かりませんね。今日はお天気が悪いからなあ。

日を改めて報告させていただきます。

   *お線香が燃え尽きたあと、室内には確かにあずきバーの香りが残りました。2019.3.18

 

本当に、アイスクリーム並みにいろいろなテイストのローソクがあるんですよ。

ご家庭の備えに、おひとついかがですか?

不意の停電時など、不安を慰めてくれるかもしれません。

え? 私んちですか?

ウチは結婚式で使った大きなローソクの残りがありまして。

昨年夏、大型台風がやってきた折など

ええ年こいたおっさんと二人、ぼーっとメモリアルなキャンドルを眺める羽目に。

 

……まったくもって楽しくなかったです(ー_ー;

 

ーおまけ・本日のダイちゃんー

f:id:kaedeya:20190317131506j:plain

きのう、猫玄関正面にコンクリートが流されました。

コンクリートの上には、ひとつも足跡がついておりません。

警戒しているのでしょうか。

実家に私がいるときには、人間用玄関から出入りしたがります。

さては、ビビりだな?

 

^・ω・^n 自由猫は用心深いの!

f:id:kaedeya:20190317131520j:plain

          …そのわりに、出したものはチェックしないで食べるけどね。

 

 

 

《広告リンク》↓こんなのもあります。


故人の好物シリーズ!カメヤマローソク らーめん横丁

コンクリートに猫の足跡は定番ですが…

 

f:id:kaedeya:20190316093929j:plain

実家の庭です。花盛り。

惜しむらくは、木がありすぎて雑木林の中に入らないと花が見えない。

木に高低差をつけたらいいよ、とアドバイスをいただきましたが。できるかな。

 

今日はわたくし、1日お休みをいただきます。

実家の仕事はしません。

建築中の実家で、

      \ 生コン流しが行なわれるから /

f:id:kaedeya:20190316094350j:plain

 

午前中は、実家の周辺に交通整理の方が来て下さいます。

作業の内容によっては、一時交通規制もする予定。

ご近所の皆様にご不便をおかけすることになります。

朝、関係者の方々にご挨拶をして、回覧板を回して、

ダイちゃんにご飯を食べさせたら、自宅に戻ります。

 

^・ω・^ ,゚.:。+゚ このカリカリおいしい!

f:id:kaedeya:20190316095424j:plain

よかったな。いつもと種類を変えてみたよ。

ちょっと大粒の『COMBO』です。

 

ところで、生コン

コンクリートの上には、かなりの確率で猫の足跡がついています。

2枚目の写真、現場の真正面に、ダイちゃんが出入りする猫玄関があります。

ダイちゃんが出ていくところを目撃した基礎屋のお兄さんは

 

「絶対足跡つきますよ」

 

と、半分笑って半分困り顔。

そりゃ、綺麗に仕上げたところを土足で歩かれたら、いい気はしませんよねえ。

施工ミスじゃなくても、クレームは入る。

 

Q.なぜ猫は乾いていないコンクリートの上を歩くのか

 

 1.匂いが好き。

 2.打ち立てのコンクリートの温もりが好き。

 3.自己顕示欲。

 4.たまたま通りかかっただけ。

 

いろいろと説はあるようですが、私はここに、

 

 ☆.足がめり込む感触が楽しい。

 ☆.自分の歩いた跡がはっきり分かるのが楽しい。

 

という項目を付け加えたい。

猫が歩くのはコンクリートの上だけではありません。

耕してきれいにならした畝の上も、絶対に歩く。

敷いたばかりの黒いマルチシートの上も、いそいそと歩く。

                     ※参照→ 法事のお値段 - やれることだけやってみる

雪が降ればおんもに出て、足跡をつけなければ気が済まない(珍しいから?)。

 

^・ω・^n  たとえ雪まみれになろうとも!

 

…あんたら、南方出身の種族じゃなかったっけ。凍えるぞ。

 

  ✿ 新築の  コンクリートに  梅の花   

 

あら可愛い、で済めばいいですけれど。

たいていの人は『仕方ない、猫だもの』と諦めるようですけど。

猫嫌いの人、新たなコンクリートには一点のシミも許せない人には大迷惑。

 

猫よけ超音波を出す機械があるようですが、あれは音に敏感な人にはつらいらしい。

それで、ですね。

 

猫の足跡、絶対許せん!! 

 

とおっしゃる方、足跡のつかないコンクリートがあるようですよ。

         ※参考→ 透水性舗装材「ドライテック」 | ECO製品

もとは水たまり対策用らしいですが、足跡つかないって。

 

ウチの実家のコンクリート部分には、代々の猫の足跡が残っているから今さらです。

むしろ、招き猫的な作用を期待しますが。

さて、ダイちゃんはどんな足跡を残すかな?

 

  \ 初公開☆ダイちゃんの後ろ足 /

f:id:kaedeya:20190316105023j:plain

 

 

 

草原ポタジェ化計画 ~サヤエンドウの支柱を立てるよ~

今日こそは…。

今日こそは、エンドウくんのつるが存分に巻き付けるような支柱を。

 

^・ω・^ そのまえに、ごはん。

f:id:kaedeya:20190315134727j:plain

無住の実家ですが、出迎えてくれるモノがいるというのはいいものです。

たとえ土埃にまみれた野猫といえど。

ダイちゃん、あんた最近(私のブログ内で)評判がいいのですよ。不思議だね。

 

^・ω・^   んじゃ、報酬においしいのちょうだい。

 

そのうちにね。

 

さて、花粉ブロックをスプレーして。まずは素材探しから。

今回は新たなものは購入せず、有りモノで何とかするつもりです。

苗を下さったまっつぁんさんは、竹で柵を自作していらっしゃいました。

竹の割り方と削り方は小学校で習いました。(凧作りをしたのです)。

しかしウチの竹林は孟宗竹。あいつを切って加工するのは無理。運べないし。

ハルさんはネットをかけると言ってましたっけ。

よそ様の畑を見ると、ネット派が多いですね。

 

農機具小屋の中に、よさげな網が。   太い紐と細い紐。誘引用フリーワイヤー

f:id:kaedeya:20190315135618j:plain
f:id:kaedeya:20190315135627j:plain

白いネットがちょうどいい大きさでした。エンドウ栽培に使った形跡があります。

つるが絡みついて埃まみれだったので洗ったら、一部切れました。

使えねーなー (°△°;

去年の夏、ミニトマトを栽培していましたので、緑の棒はそこそこあります。

それと紐を組み合わせて何とかしましょう。

トマトですか? すくすく育って大きくなってから、全部立ち枯れました。

 

長い支柱を立てます。         その間に短い支柱を立てます。

f:id:kaedeya:20190315141009j:plain
f:id:kaedeya:20190315141020j:plain

手前の土が黒いのは、支柱がぐっさり刺さらず、土を掘って入れ替えたせいです。

棒を等間隔にまっすぐ立てるのって難しいですねえ。微妙に傾いてますし。

 

細い紐をくるくると巻き付けて      横線を張ります。

f:id:kaedeya:20190315141545j:plain
f:id:kaedeya:20190315141633j:plain

 

     \ このようになりました /

f:id:kaedeya:20190315141831j:plain

ジグザグしていますが、誤差の範囲でしょう。

それより、エンドウくんの背が紐に届きませんね。

 

もう少し低くくした方がいいかな。   高さを調整したら、縦線を張ります。

f:id:kaedeya:20190315142136j:plain
f:id:kaedeya:20190315142110j:plain

縦線を張ったら、補強のために余っている棒を立てておきましょうか。

どう工夫しようとも、私は不器用です。

 

    \オサレになるはずがありません/

f:id:kaedeya:20190315142515j:plain

うっわー、予想以上にみすぼらしい仕上がり(°_°;

 

四苦八苦していましたら、もうお昼。

一仕事終えたお向かいのワカさんが

 

ブロッコリー好きなだけ採ってって」

 

と、レジ袋をくれました。

ワカさんのキッチンガーデンでは、ブロッコリーの花が咲き始めています。

シーズンも終わり。抜いて新しい作物を植えるのでしょう。

ありがたくいただきます。

ワカさんはこれから外出だそうで、勝手に好きなだけ、採らせていただきます。

 

畑から、キッチンへ。          究極の産地直送。

f:id:kaedeya:20190315143358j:plain
f:id:kaedeya:20190315143422j:plain

畑の作物を勝手に頂くというのは、『PPG』よりは『Minecraft』っぽい行為ですね。

いただいたブロッコリーは、ベーコンと一緒にブラックペッパーで炒めよう。

油はオリーブオイルにするか、マヨネーズにするか。

じゅるり。

 

 《商品リンク》↓ マインクラフト(遊んでいると時間を忘れてしまうので、要注意)


Minecraft (マインクラフト) - Switch

 

 

バレンタインデーとホワイトデー

               \ ホワイトデーのいただきものです /

 

f:id:kaedeya:20190314172412j:plain

どうにも、『エビで鯛を釣った』感が拭えませんが、嬉しいです。

 

私、常々思っておりました。

バレンタインデーは『チョコ祭り』に改名してもいいんじゃないか。

いつもはお目にかかれないような、珍しいチョコレートがお店に並ぶ。

そして、それをみんなでワイワイ楽しむ。

そんなフェスティバル

チョコレート会社の陰謀でも、それはまあそれでいいじゃん、と。

 

ちょこっと調べてみたら、

 

バレンタインデーは陰謀じゃなかったよ Σ(°△° ノ

 

日本のバレンタインデー。

始まりはそんな浮かれたものじゃなかったです。

   ※ぜひコチラを→ バレンタインとモロゾフについて|モロゾフ株式会社

 

昭和6年(1931):神戸トアロードにチョコレートショップ(モロゾフ)ができる。

昭和7年(1932):神戸モロゾフの創業者さんが、欧米の習慣を聞いて感動する。

 

 「2月14日には愛する人に贈り物をするんだよ」

 

この素敵な習慣を、日本に紹介したいとお思いになったのですね。

ところが時が流れ、バレンタインデーが日本に根付いてふと気がつくと

 

お中元・お歳暮化していたよ(°▽°;

 

まさか、義理チョコで悩む人たちが世にあふれるとは。創業者さんもびっくりです。

 

バレンタインデーの贈り物は『女性から男性に』、と方向まで限定されてしまっては

世の乙女たちから、

 

「あげたんだから、お返しが欲しいよね」

 

という不満の声が上がり始めるのは、必然と言えましょう。

義理チョコを買いにわざわざ出かけ、

人混みの中で、贈る相手によってお値段とデザインを変えてチョイス。

配る日は大荷物を持って移動です。

 

「お返しが欲しいよね」

 

この乙女の願いを叶え、圧に苦しむ男性を救うために立ち上がったのが

福岡県の和菓子屋さん石村萬盛堂のご主人。

…まあ、実際には少女雑誌の声から思いつかれたそうですが。

 ※コチラ→ ホワイトデーはここからはじまった / 石村萬盛堂 ホワイトデーの発祥

 

昭和53年(1978):マシュマロデー始まる。

 

バレンタインデーの始まりよりもずいぶん遅いけれど、こんなに昔に始まったのか。

世間に認知されるまでに時間がかかっておりますね。

男性にとって『買い物をするのは面倒臭い』『照れくさい』ものだったのでしょうが。

それ以上に

 

3月の真ん中は、忙しくてそれどころじゃない(ー_ー;

 

就職・進学・人事異動。決算期で奔走。予算の使い切りのため奔走。

和菓子屋さんはひと息つく季節だったのでしょうが、世間はそうじゃなかった。

インパクト云々より、そっちが大きいと思うな。

もちろん、私個人の感想です。

 

でもね、心のこもった贈り物は、やはり嬉しいですよ。

自分のために選んでくれた物。

選ぶためには、考えなきゃいけないわけで。

わざわざ私のことを考えるために、時間を割いて下さったことにも感謝です。

 

^・ω・^n   今日はご飯のお礼にモフらせてやろう

f:id:kaedeya:20190314184250j:plain

気持ちは嬉しいが、あんたをモフると手が汚れる。

しかも、なんだ。この『諦観』という言葉がぴったりの顔は。

あっ、こんなところにカサブタがあるじゃないか!

f:id:kaedeya:20190314184617j:plain

 

^・ω・^n んじゃ、また!

治ってきているみたいだから、いいけどさ。

明日は毛皮を拭いてやろう。

こまめな愛情は日ごろから。

 

草原ポタジェ化計画 ~ヒヤシンスを地植えする~

 

今日はよく晴れています。

    \ 赤い木蓮、そろそろ咲くかな? /

f:id:kaedeya:20190314114459j:plain

木蓮は、桜と同じく葉が出るより先に花が咲きます。

冬を越したばかりの枯れ枝に、たくさんの鳥が降り立ったように見えます。

花びらが開くと、羽ばたこうとしている姿に。

花びらが閉じると、枝で休んでいる姿になります。

絵に描きたいと思うのですが、はっと気づくと散っております。

しかたないね。

 

さて、今日は気温は低いですが風もないことですし、

^・ω・^。° うまうま

f:id:kaedeya:20190314115434j:plain

 

ダイちゃんのご飯が終わったら、エンドウくんの支柱でも…。

と、思ったら。花の終わったヒヤシンスたちが

 

            \『まだかな~』と順番待ちの顔 /

f:id:kaedeya:20190314115209j:plain

                     ※参照→ リベンジのヒヤシンス - やれることだけやってみる

そうでした。

『花が咲き終わったら、地植えして下さい』

と書いてありましたっけ。

もうさすがに、冷える朝はあっても霜柱はないでしょう。

狭い植木鉢から、多様性に満ちた自然(?)の中に放り込みましょう。

 

植木鉢からスポンと抜きまして。     根をほぐして、球根を独立させました。

f:id:kaedeya:20190314120123j:plain
f:id:kaedeya:20190314120131j:plain

 

1つの鉢に3つの球根が隙間なく植えてありました。

窮屈そうだったのでばらしましたら、根が短くなりました。

抜いたそのままの状態で、固めたまま地植えしてあるのを見たことがあります。

あれは、根っこを切らないようにするために、そうしたのでしょうか。

まあ球根ですし、丈夫なはず。ダメだったら知らん。

 

木蓮の近くに植えようと思いましたら、ご覧ください。

        \ ニラだらけ /

f:id:kaedeya:20190314121230j:plain

球根6個分のスペースを確保するだけなのに。

ニラ臭いよう(;_;)

さっさと済ませたい。

 

三角形のバランスで植えます。      土をならしてポンポンします。

f:id:kaedeya:20190314121736j:plain
f:id:kaedeya:20190314121751j:plain

あとは水をやって、土になじませたらおしまい。

肥料はいらないでしょう。天然腐葉土ですから。

掘っている間に、でっかいジンドを発見しましたよ(写真はありません)。

え? ジンドをご存じない? 甲虫の幼虫のことです。

成長すると、カブトムシとかコガネムシとかクワガタなどになるわけですが

私には区別がつきません。そっと埋め戻します。

頭がオレンジ色っぽくて、ぷりぷり太っていました。

邪魔してごめんよ。ゆっくり寝ていて下さい。

 

     \ こんな感じになりました /

f:id:kaedeya:20190314123543j:plain

三角形のバランスはどこに行ったんでしょうねえ。

のびのび暮らしてもらえたら、それでいいや。

 

さて、次はエンドウくんの支柱を…。

と思ったら、雲行きが怪しくなってきました。

 

世の中、ままならんのう(°_°;