やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

冬剪定を乗り越えたアジサイとサバ猫

11月にアジサイをばっさり剪定しました。

※参照 ➽ 【紫陽花剪定】ひと刈りいこうぜ!

 

そりゃあもう、容赦なくバシバシ切りましたので

「大丈夫ですか?」

と、ご心配くださった方もいらっしゃいました。

あれから6ヶ月ちょい。

アジサイは現在、こんな様子です。

 

元気もりもり。

ちらほらと花もつき始めましたよ。

陽当たりの関係でしょうか。

南側に花が多いようです。

 

地味ですが。

これがガクアジサイなのかヤマアジサイなのか、

未だにさっぱり分かりません。

でもまあ、咲いているのでよしとします。

 

以上、現場からお伝えしました(°▽°

 

さあ、蒸し暑いですから帰りましょう。

昨夜からの雨で地面はどろどろ。

じゃがいも掘りの続きは後日に延期です。

また雨が降り出す前に、お家の中へ。

 

^・_・^ おまちなさい。

サバがにゃーにゃー鳴いています。

とてもうるさいです。

一足ごとに、私の行く手をふさぎます。

ごろんごろん。

 

^・_・^ その手にあるのは何ですか。

Nikonのデジカメ(旧式)ですが(°_°

 

サバは猫のくせに、わりとカメラが平気です。

たまにポーズをとってくれることもあります。

単に構ってほしいだけでしょうけれど。

 

では、へそ天でもお願いしましょうかね。

いきますよー。

 

^・ω・^ おっけー。

 

せーの ▢(°△°

 

^・ω・^ はいっ!

もういっちょう。

 

^・ω・^ はいっ!

 

サバが満足するまで撮影会。

ごろんごろん。

その後、なでなでさせていただきました。

ごろんごろん。

 

^・ω・^n キャットウォークなども。

 

もう知らん。

カメラのメモリは有限です。

ねこねこカメラで自撮りしてきてください。

 

^・_・^ せっかくサービスしてるのに。

じゃがいもコロコロ

夏日が続く今日この頃。

猫たちが床にぺったんと落ちています。

 

^ーωー^ ひんやり。

涼しい場所を見つけ出すのがとても上手です。

今日は風があって、空気はすっきり。

じゃがいもを掘らねば(ー_ー

 

植えたじゃがいもは『インカのめざめ』。

黄色くておいしいおいもさん。

 

※植えた日の様子

kaedeya.hatenablog.com

 

極早生ですので、とっくに収穫時期を迎えています。

誰か一緒に…。

 

^ー_ー^ いってらっしゃい。

ついて来てくれないようです。

仕方がないので、ひとりで畑に向かいます。

 

月曜日のじゃがいも畑。

さて、じゃがいもはどこでしょう。

全然お世話をしていないのが丸わかり。

土寄せどころか草取りもしませんでした。

どこを掘ったらいいのか分かりません。

 

とりあえず草取り。

むっしゃむっしゃと草をむしりまして、

火曜日はなにもせず放置いたしました。

 

水曜日のじゃがいも畑。

じゃがいもの枯れた茎が、ぴょこぴょこ。

目標物確認(°▽°

ぺっそりと倒れているのもありますが、

だいたい等間隔に植えたはず。

いもがある場所の見当がつきましたね。

 

まずは枯れ茎を引っ張ってみましょう。

といやっ☆

 

ぼりぼりぼり~。

土の中で根っこの切れる音がします。

おいもさんがご~ろごろ。

 

出土したおいもさん。

えらく大きさに差がありますな。

小さいのは猫の掌球サイズですね。

でも、小さいのもちゃんと食べられますよ。

皮をむくと食べるところがなくなりますが。

 

おっと、こんな隅っこにも。

掘り残しがないように、周辺の土をかき分けます。

ほりほりほりほり。

 

2株からこれだけ採れました。

全体的に小ぶりですが、

もともと『インカのめざめ』は小粒のおいも。

手間なしでこれなら十分です。

合わせて種芋の重量と同じくらいありますよ。

元はとれました。満足です。

 

よ~し、がんばるぞ(°▽°

気合いを入れて、ほりほりほり。

ひと畝掘ったところで力尽きました。

掘ったおいも、約7株。

手つかずの畝、あと3つ。

今週中に掘れるかな。

 

本棚の上に、くろいも。

 

^ー_ー^ おかえり。

ただいま。おやつですよ。

水溶きちゅ~るにしましょうね。

 

^・ω・^ 塩分補給も忘れずに。

庭の千草 ~十薬の園から~

風薫る五月も、もう下旬。

着々と季節は進み、どくだみが庭を制圧しつつあります。

 

離れに入ろうとしますと、玄関前に

どくだみ。

うっかり踏んづけるとすごく臭います。

そっと避けて通りましょう。

 

離れの中から庭を臨みますと、

前を見てもどくだみ。

 

左を見てもどくだみ。

見事な和ハーブの園が広がっております。

日向・日陰。場所も土も選びません。

もう、好きに生えればいいと思います。

 

ドクダミ(蕺草)

ドクダミドクダミ

*別名:十薬、へぐさ、へびぐさ、てぐされ、地獄蕎麦、地獄花

  …その他。

*花期:初夏。

花言葉:野生、白い追憶。

 

白い追憶…。ロマンチックな花言葉です。

十薬(じゅうやく)という名前の由来は、

◇農耕馬に与えると、十の薬効があるから。

だそうです。

馬にどんな効果があるのかは分かりません。

ですが、人間にとってもいい効能のある草です。

くっさいですけど(°_°

 

1.お茶にして飲む。

 利尿作用 ➽ デトックス効果

 便秘解消・動脈硬化予防・解熱・生理痛軽減・冷え性改善…他。

2.お風呂に入れる。

 あせもやニキビ、吹き出ものに。

3.化粧水にする。

 ニキビ対策・美白に。

 

葉っぱや茎をカラカラに乾かして使います。

レシピは信用のおける書籍やサイトでお調べください。

 

以前、試しにお茶を作ってみましたが

オロロロロ~(+_+

とても不味かったです。

私の作り方が悪かったのでしょう。

もうやりません。

グランドカバーとして活躍してもらいます。

 

そうそう。

生のまま、傷や火傷の薬としても使えるそうです。

もちろん試す勇気はありません。

 

芍薬。散りかけ。

本日はじゃがいもを掘りたかったのですが、

昨夜は激しい雷雨がありまして。

土がじっとり湿っているので延期。

ちょろりと様子だけ見ることに。

一緒に畑に行くひと~ b(°▽°

 

^ーωー^ 行きません。

 

^ーωー^ 行きません。


^・_・^ スリッパはそろえて。

しかたがないので、ひとりで行きました。

 

^・ω・^n 目と頭の体操に。

www.youtube.com


※高級どくだみ化粧水(輸入品)発見。   

クロ猫の足

クロはよく食べる。

他の猫がちょこっと残したカリカリを食べる。

ちゅ~るの匂いが残ったお皿もきれいになめる。

このお皿洗ったっけ(°_°

と、しばし考えこんでしまうほどです。

 

^・ω・^ うまうまうま。

しっかりお代わり要求。

出したら出しただけ全部食べる。これはアカン。

そんなに食べ物には苦労させてないと思うのですが。

どういうことでしょう。

だいじょうぶか、と思うほどもりもりです。

 

^・ω・^ 引き出しにはおやつ。

 

^・ω・^ ガラスのたなにちゅーる。

なにやら視線で訴えていますが、

これ以上はいけません。

 

^・ω・^ 田んぼがにぎやか。

もりもりのクロですが、見た目ほっそり。

体をさわってみると、しっかり筋肉。

体質なのか、運動量がすごいのか。

そのへんはよく分かりません。

 

^・ω・^ 暑いから、お外行かない。

 

めいめい室内でくつろぐ猫たち。

ちょっと撮影させてくださいよ。

 

^ー_ー^ いやです。

なかなかよいショットが撮れません。

同じような写真が溜まっていきます。

特にクロは室内撮影が難しい。

ピントが合わないんですよ、ぼけぼけ。

 

^・ω・^ へたぴっぴ。

あ、撮れた。

どうですかどうですか。

ほどよく明るい場所だと写るんだなあ。

少し動かないでくださいよ。

 

^ーωー^ やなこった。

でろ~ん。

なんと反抗的な…って。

足、長っ!(°△°;

そこそこ長いとは思っていましたが、

こんなに長かったっけ。

ボディが細いので余計に長く見えます。

 

^ーωー^ どやあ。

ばっちりポージング。

そこはかとなく腹が立ちますなあ。

もふもふの刑に処す。

 

^・_・^ なんでキジまで。

すまんね。

お腹のさわり心地はキジが一番です。

 

^・_・^ 足、短くないもん。

www.youtube.com

【思い出のわらべ歌】お寺の和尚さんとかぼちゃ

5月9日にバターナッツかぼちゃの種を蒔きました。

無事発芽いたしましたよ。

さまざまな芽たちの姿をごらんください。

 

よっこいしょ。

 

ふんっ!

 

ぱかっ☆

 

こんにちは。

植物の双葉は可愛いなあ。

すくすく育ってくれるように、願いをこめて。

歌いましょう(°▽°

 

♪~ せっせっせーの、よいよいよい。

  お寺のおしょうさんが

  かぼちゃの種をまきました。

  芽が出て、ふくらんでー。

  花が咲いたら、じゃんけんぽん。

 

手遊び歌です。ふたり以上で遊びます。

手を握ったり打ち合わせたりするんですが、

今思うとちょっと謎。

「芽が出て、ふくらんで」

何がふくらむんだろう(°_°

ふくらむなら、実でしょう。

花が咲いた後でなくてはなりません。

 

気になったのでちょこっと検索。

謎は解けず、大変な事実が判明しました。

花が枯れるバージョンが!(°△°;

www.youtube.com

 

何してくれてますの、平成ver.!

 

しかも和尚さんが空飛んでいますがな。

わらべうたですので、地域差があります。

東京タワーにぶつかるおしょうさん。

もしかしたら、大阪あたりでは

通天閣にぶつかってたりして(°▽°

種をまくのが、花子さんだったりすることも。

   ※参照 ➽ わらべうた・となえうた

みなさまのお近くではいかがでしょう。

 

芽が出た後にふくらむのは共通のようですが。

ほんとうに、何がふくらむんだろう。

 

^・ω・^ 去年は実がならなかったし。

 

ええ、花は咲きましたが枯れましたよ。

「実が実ってじゃんけんぽん」

というバージョンもあるらしいので、

かぼちゃに聞かせるときはそっちにしようかな。

うまくいけば8月か9月には、

クロの後ろ姿みたいな実がなるはずです。

 

今週のお題「何して遊んだ?」

あぜ道のふわふわ

5月のふわふわ。

田んぼの畦や土手に、白い穂が揺れる季節になりました。

この植物は、お名前を「チガヤ(茅)」といいます。

*イネ科チガヤ属

多年草

*花期:春~初夏

*別名:つばな、ちばな、まくさ、まかや、かや…。

    その他たくさん。

    私は「つんばら」呼んでいました。

 

6月30日。

夏越しの大祓のために、神社に『茅の輪』が置かれますね。

あれは、このチガヤの葉っぱで作られているそうですよ。

葉っぱがツンツン尖っているので邪気を防ぐとか。

魔除けにもなるらしいです。

 

猫のしっぽみたいで、可愛いですし。

以前は、私の好きな野草のひとつでした。

 

チガヤ、大繁殖。

草刈りをさぼっていましたら、やられました。

畑に行く途中の空き地がチガヤに占拠されております。

さすが世界の侵略的外来種ワースト100。

放っておくと、どんどん増えて広がります。

こやつらを刈るなら、穂が出る前。

もう間に合わない(ー_ー;

諦めて、先に庭の草刈りをしましょう。

 

^・_・^ お日さま、ぴかぴか。

猫たち、外に出る気ナシ。

キジとクロはいつものことですが。

 

^・_・^ ここで見てる。

サバも付き合ってくれません。

ひとりで庭の草を刈りました。

 

うい~ん。

最近、暴れん坊将軍11の再放送を観ているんですけどね。

上様が白馬に乗って草原を駆けてゆくんですよ。

あの草原、ロケ地はどこか知りませんが

きちんと草刈りされてるよなあ(ー_ー;

一体どのくらいの人数が動員されたのでしょう。

大変だっただろうなあ。

うちにも来てくれないかなあ。

 

……とかぼんやり考えているうちに充電切れ。

母屋から猫が住む離れまでの道を確保しました。

 

^・ω・^ おかえり。

 

^・ω・^ おやつ。

お待ちなさい。私の水分補給が先です。

 

チガヤ。ツバナ。

花言葉は、子どもの守護神。みんなで一緒にいたい。

暑い季節を無事に乗り越えられますように。

って、もう夏バテ気味なんですけれども。

どうしましょう。

 

いちご、つまみ食い中。

【写真で見る】キウイの一年

5月の中旬になると、キウイの花が咲き始めます。

キウイフルーツには雄株と雌株があります。

雌雄異株の植物ですね。

男の子の木には『雄花』が咲き、

女の子の木には『雌花』が咲きます。

 

こちらが雄花。

花の中心におしべがたくさん。

黄色いのは花粉の色ですね。

 

こちらは雌花。

実をつけるのはこちらの花です。

真ん中の白っぽいのが、めしべの『花柱』。

あら、なんだかどこかで聞いたような名前。

ただし読み方は『花柱(かちゅう)』だそうですよ。

この白いわしゃわしゃの先で花粉を受け止めます。

雌花にも黄色い花粉っぽいものがありますが、

これは結実には関係がありません。

雄花から花粉をもらわないとダメなんですね。

 

おや、雄花に虫さんが。

どなたでしょう。ハナアブさんでしょうか。

ちょっと分かりません。

この方が、体に花粉をくっつけて雌花に行ってくださると…。

 

おお、雌花にも虫さんが。

ありがたい、ありがたい。

雌雄の株がものすごく近いので、人工授粉なし。

毎年、虫さんたちにお任せです。

6月下旬のキウイ。

受粉が成功しました。

雌花が実をつけてくれましたよ。

この若い実たちが、ひと夏かけて熟していきます。

 

10月下旬のキウイ。

いい感じになってきました。

収穫できそうな実がいくつもありますよ。

 

11月中旬のキウイ。

私はいつも、このあたりから収穫を始めます。

収穫期を迎えたキウイは、このように下から持ち上げますと

 

ぽこっと採れます。

きゅっ、ぽこっ。

とても気持ちがいいですよ。

ぽこっと採れない場合はハサミで切ります。

木に優しく。

 

ところで、キウイのつるはリース作りに使われることも。

ちょっと早まった例。

つるを切るときは、葉っぱが落ちるまで待ちましょう。

だいじょうぶ。

ちゃんとクリスマス・リースには間に合います。

 

12月下旬、まだ収穫中。

12月にもなると葉っぱはもうありません。

収穫し損ねた実が、ぽとぽと落ちています。

 

大きくなれなかったキウイ。

実をつけるのが遅かったのかな。

どんまい。

 

冬になりますと、キウイは休眠期に入ります。

この時期は樹液の流れが弱くなります。

さあ、剪定の時期ですよ。

 

お手入れの行き届いていないキウイ。

キウイはとても成長が早く、ものすごくつるが伸びます。

剪定をさぼると大変なことになります。

樹液の流れが弱いうちに切ってしまわなくては。

遅くとも2月中には終わらせたい…と毎年思っています。

 

ちょっきん☆

数日かけて、地道に切ります。

手に負えない場合は業者さんに頼みます。

料金はさまざまです。要問い合わせ。

 

猫、ごきげん。

枝がすっきりしました。天然のジャングルジムです。

猫、大喜び。

ちなみにキウイの枝も猫に喜ばれます。

※個体差はあります。

 

なんやかんやで、3月。

生木をかじる猫。

そろそろキウイが活動を始めたのかな。

これから芽が出てつるが伸び始めます。

 

ゴールデンウィーク到来。

しっかり葉っぱが茂っていますね。

毎年葉っぱが出始める頃を見逃します。

 

つぼみコロコロ。

以上、キウイの一年でした。

 

^ーωー^ おそまつさまでした。

雄花と雌花の両方を見つけたので、まとめ記事を書いてしまいました。

すでに公開した写真が多くなっております。

ご了承ください。

 

^・ω・^  なつかしの動画。

www.youtube.com