やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

木や草花のこと

百日紅と彼岸花と猫

百日紅(サルスベリ)満開。 ミソハギ科 ・サルスベリ属。 *花期:7月~10月。 *花言葉:雄弁、愛嬌、不用意。 幹がつるつるで、猿もすべって登れない。 だからサルスベリ。 実際は登れるそうです(°_° 夏の花のイメージがあるのですが、 9月に入って…

庭の千草 ~秋色の小紫~

サバとクロが外を眺めています。 何が見えるのかな? かがんで、見てみました。 あれ? 低木に、実がついていますね。 あんなの、植えたっけ(°_°; 記憶にありません。 ムラサキシキブに似ていますが、 過去ブログを漁っても植えた記録がない。 近くに寄っ…

嵐の前の晴天

ものすごく良いお天気です。 ところにより、葛の花が満開。 秋の七草ですよー。 *マメ科クズ属。 *別名:うらみ草(裏見→恨み)。 葉っぱがヒラヒラしてすぐ裏が見える。 *花言葉:活力、芯の強さ、治癒。 【山上憶良の歌/万葉集より】 秋の野に 咲きた…

雷ゴロゴロ

雷の中の芙蓉。 蕾は濃いピンク。1日で花が終わります。 たぶん酔芙蓉(すいふよう)です。 *アオイ科フヨウ属。 *花期:8~10月。 *花言葉:心変わり・繊細な美・しとやかな恋人・幸せの再来。 雨の隙間に外仕事でも、と思うのですが さすがに雷は……

キウイ棚がガガイモに埋もれました。

わさわさ茂る丈夫なキウイフルーツ。 その上にさらに、ツル植物がかぶさっております。 ツル on ツル。 キウイの葉っぱも小さな実も、 まるで見えません。 咲き誇るガガイモの花。 *キョウチクトウ科・ガガイモ属。 *和名:ガガイモ(鏡芋) 花はとても可…

今日のおやつはアイスクリン

青い空。白い雲。 そして、 花の終わったひまわり。 稲穂が金色になってきましたよ。 美味しいお米になっていただきたい。 ひまわりが稲を倒すといけません。 さっさと刈ってしまわねば。 ^・ω・^ その前に、ごはんください。 カリカリの引き出しが開けら…

芝生がハサミグサに飲み込まれる前に

ハサミグサです。 ・本名:ヤハズソウ。 マメ科ハギ属。 ・花期:8~10月。 ピンクの小さな花が咲きます。 ・花言葉:雄弁。 葉っぱを引っ張ると、プッチンと和バサミの形に切れます。 だから、ハサミグサ。 本名のヤハズソウも、切れた葉っぱの形が由来…

ジャンボひまわりを狩りに

紅葉狩り、桜狩り。 風情ある狩りは多々あれど、 ジャンボひまわり狩り。 昨年種を蒔きましたら、ものすごく茂りました。 どうしたらいいか分からず、枯れるまで放置。 そうしましたら、種が落ちて芽吹き この夏、ひまわり林になりました。 咲いている間はき…

梅雨明けを知らせる花

タチアオイの花がてっぺんまで咲いたら、 梅雨が明けるんや。 by 祖母 ・・・・・・・・ あちこちで豪雨です。 テレビから流れるのは、被害を伝えるニュース…。 台風が来る前からこれか(°_°; 大雨による被害が出ますと、 源実朝(さねとも)の歌を思い出し…

ネジバナは自由に螺旋(らせん)を描く

芝生に咲くネジバナ。 ラン科ネジバナ属の多年草。 学名:Spiranthes sinensis var. amoena 別名:螺旋花・もじずり・よじりんぼう・ ねじれ花・ねじり花・ねじり草。 英名:lady's tresse(巻き毛・三つ編み)。 花期:春~秋。 花言葉:思慕。 花が螺旋を…

萩の夏剪定

萩の新梢が伸びてきました。 もっさもさ。 マメ科ハギ属。 花期:7~10月。 花言葉:思案、内気、柔軟な精神。 夏の暑さにも負けず、冬に寒さにも負けず。 ほったらかしでぐんぐん育つ強いヤツです。 『萩の剪定』というと、花が終わった後。 冬の剪定が…

みかんの花が散ったあとには。

今年はみかんの花がたくさん咲きました。 木の周囲には、きれいな甘い香り。 香りに「きれい」というのはおかしいですね。 「清澄な」にしましょうか。 甘いけれども、甘ったるくない。 凜とした甘さ。 ・・・・・・・・ 五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖…

雨の日の猫と蚊連草

暑い日が続いたので、猫たちの住環境を夏仕様にしました。 ところが今日は雨。 雨はともかく、どうにも寒い。 ダイちゃんが毛布の上に寝そべったまま動きません。 ^ー_ー^ やる気、出ないの。 そうですか。 今日は畑も行きませんし、寝ていなさい。 ごはん…

チガヤとススキの花の色は。

チガヤの穂が出てきました。 イネ科チガヤ属 別名:マクサ、ミノカヤ、カヤ、ツバナなど多数。 花言葉:みんなで一緒にいたい・子どもの守護神。 こちらの地方ではツンバラと呼ばれています。 ツバナが訛ったのかな。 穂についている紫色の粉のようなものが…

大きな蕗の葉の下には、小さな人が住んでいる。

むか~し昔。 北海道にコロボクウングルという人たちがいた。 *コロ=蕗の葉。 *ボク(ボキ)=下。 *ウングル=人々。 その人たちは背がとても小さかった。 強い風が吹くときには、飛ばされないように 10人くらいで手をつないで歩いたという。 魚を捕…

あなたに

無限に広がる大宇宙。 星たちが無数の命を抱いて輝いています。 いらっしゃいませ。 ようこそお越し下さいました。 ここは宇宙の果て、シロツメクサ星系です。 ここだけ緑が小さいでしょう。 宇宙は今も広がり続けているのです。 外へ外へ、と。 あなたに贈…

5月の白い花~この木なんの木?~

5月の雨が降っています。 外作業はできませんが、ふらりと外に出ました。 あちこちに花が咲いています。 みかんの木 ミカン科ミカン属。 花言葉:親愛・純潔・清純・花嫁の喜び。 先シーズンは2個しか実が生りませんでした。 今年はたくさん蕾がついていま…

お題:猫と花

猫と綿毛。 今週のお題「カメラロールから1枚」 被写体:ダイ(orange tabby and white cat) 機材:NikonデジタルカメラCOOLPIX S6100 スーパーレッド S6100RD うーん。 悪くないけど(私にしては)、何かが違う。 他に花はないか。 コメツブツメクサ マメ…

季節は進む。私たちを乗せて。

日中はもう夏のような暑さです。 育苗ハウスの中は、気温が40°Cにまで上がります。 それなのに夜明け前はぐんと冷え込み、 数日前の朝は、霜が降りました。 苗の生育具合が懸念されますが、 田舎では田植えが始まっております。 この春はいろいろありまし…

庭の生きもの、たくましく生きる。

玄関前のタイム。 実家にて。離れの玄関です。 フォックスリータイムを購入したつもりですが、 どうも違うような気がします。 可愛いので問題はありません。 元気にグラウンドをカバーしてくれています。 玄関前の猫。 ブチさん(左)とチビたん(右)。 2…

藤を見た

お昼ご飯の時間です。 誰もいない小さな公園。 ずっと前から小さな藤棚があって、 淡い紫の花が咲き始めました。 何日か前には桜が満開で、 ベビーカーを止めて、若いお母さんが見上げていました。 葉桜の季節も終わり、梢の緑が濃くなっています。 近寄って…

ざっくりクッキング~カラスノエンドウと白身魚をタジン鍋で~

スズメノエンドウが最盛期を迎えています。 カラスノエンドウがその勢いに押されております。 どちらも野エンドウという名前ですが、実はソラマメの仲間。 実はサヤエンドウに似ていますが、さやごと食べるのはオススメしません。 意外に堅いのです(°_° ←食…

庭の千草 ~ワラビの花言葉~

美しい直線。 田植えの準備が着々と進められております。 畦の斜面が素晴らしい。 私がぼーっとしている間に季節は進み、 庭には野草がてんこ盛り。 形ばかり草取りをしつつ、植物を愛でることにしました。 ^ーωー^ では、ここで見守ろう。 手を貸す気はな…

ダイちゃんとわたし ~その4・猫と花~

黄水仙の中に だいだい色の猫が潜んでいた。 『猫は自分に似合う花を知っているのでは』 と、私は前々から疑っている。 ☆☆☆ きゅるさん。 ダイちゃんにごはんを分けてくれた先住猫。 彼女には、瞳と同じブルーがよく似合っていた。 花の中でまどろむ姿にシャ…

猫とユリと毒草と

猫たちのお気に入り。 雑木林の陽だまり。 ^ーωー^ 草がふかふかなの。 ダイちゃんとチビたんはご機嫌ですが、枯れ草をなんとかしたい。 枯れ草の下には、すでに初夏の花がスタンバイ。 どっさり発芽しております。 一昨日。 天使と聖母と白いユリ という…

天使と聖母と白いユリ

チューリップが咲きました。 元は名のあるチューリップであったと思われますが、 何年も植えっぱなし。 小ぶりで可憐な花を咲かせてくれます。 チューリップが咲き始めると、なぜか気になることがあります。 ※去年も書きましたけど。 kaedeya.hatenablog.com…

木登り猫と藪の中

キリシマツツジの花が咲きました。 ボケボケですみません。 アップにしようとして失敗しました。 だいたい4~5月に咲くのですが、ちょっと早め。 満開になると、木が鮮やかな赤に染まります。 *花言葉:燃え上がる愛。 いや~、ロマンチックですね。 花は…

庭の千草 ~モクビャッコウのお手入れを~

芝生の中からこんにちは。 ツクシが生えてきました。 よろしくありません。 芝生がスギナに負けたらどうしましょう。 もっさりクローバー。 ダイちゃんと比較して下さい。 尋常でなく大きいです。 おひたしにぴったりなサイズ。 まだまだ広がりそうな勢いで…

雨虫の飛ぶ日

雲ひとつない青い空。 赤いモクレンのつぼみは開きかけ。 こんなにいいお天気なのに、 明日は雨が降るみたい。 どうして分かるの? あのね。 雨虫が飛んでいるんだ。 いっぱい、いっぱい集まって。 ぐるぐる、ふわんふわん。 渦を巻いて飛んでいる。 だから…

はるの おしらせ

ジンチョウゲの花が良い香りを漂わせています。 それなのに、 「ヒヤシンスはいったい、どうしたのでしょう」 人間が首をかしげるのを見て、 『ヒヤシンスに、春が来たよと教えに行こう』 と思いました。 さて、ヒヤシンスはどこにいるのでしょう。 ダイちゃ…