やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

木や草花のこと

キウイの枝とご機嫌な猫

ロウバイの開花まであと少し。 空はどんより。ときに雨粒パラパラ。 今日は外作業はやめた方がよさそうです。 ぼんやり庭を眺めていましたら ^・△・^ 畑に行くべき。 ハタケスキーのサバがうるさい。 畑に向かってちょろっと走り、振り返る。 私がついてこ…

ソテツのふわふわ

昨日は今年最後のお墓掃除大会。 朝ごはんに夢中の猫たちは、見送ってもくれず。 ワカさんにいただいた菊を持って出かけました。 私の実家が所属するグループ『ミッドサウス』。 今回はお墓に加えて、忠魂碑のお当番でして。 こんもり石碑の周辺をお掃除して…

萩の黄葉を眺めながら

秋萩の下葉の黄葉花に継ぎ 時過ぎ行かば後恋ひむかも 【万葉集 巻10/2209 作者不詳】 9月には満開の花を咲かせていた萩。 葉っぱが金色に染まりました。 これも黄葉(もみじ)。 風に揺れてかさこそと乾いた音を立てています。 花の頃もいいですが、…

猫と草の実

昨日は一日雨模様。夜には落雷もありました。 良く晴れた朝になりましたが、地面はびしょびしょ。 ^・△・^ ごはんー。 サバがイカ耳。とても歩きにくそうです。 軒下で待っていればいいのに。 ^・ω・^ どれにしようかな。 地面をふんすかするキジ。 何を…

薮の中に猫の道

コセンダングサの薮からこんにちは。 私は今、キンカンへの道を作っております。 とは言ってもレンガ道がありますので、 その上にかぶさる野草たちを撤去するだけです。 それだけの作業なんですが。 どっこいせー \(°△°\ ヨモギはなかなか抜けないし。 コ…

前略、落っこちバスケットゴールの上から。

みなさま、こんにちは。サバです。 サバは今、バスケットゴール板の上にいます。 むかし昔、うちの人間や家主さんが使っていた板。 サバが生まれる前に台風で落っこちたのだそうです。 何度も捨てられそうになりましたが、 なぜか猫のお気に入りなんだなあ(…

センダングサの薮の中

初冬の空にそびえる皇帝ダリア。 今日もいいお天気。ぽかぽかです。 なんなら半袖で外に出られそうな陽気です。 ^・ω・^ 畑に行きますよー。 サバはご機嫌ですが、私はちょい気が重い。 来週あたりからキウイの収穫がしたいのですが、 周辺がたいへんな状…

パンジーを茂らせたい

パンジーの苗を購入しました。 さつまいもの収穫も終わってないのですが、 畑の草との戦いに疲れました。 心の癒やしを求めてお店に行きましたら、 パンジー・ビオラ苗入荷中☆ 10~12月が植え時のようです。 毎年植えているのですが、忘れていました。 …

キウイフルーツ、ころころ。

日ごとに秋が深まっております。 今年もキウイがたくさん実をつけてくれました。 なかなかよい形ですね。 豊作の気配がいたします。 ※キウイフルーツの成長はこちら。 kaedeya.hatenablog.com キウイは枝からもいだ後に追熟させる果物です。 ですので、もう…

マルバアサガオとうろこ雲。

秋の道ばたにマルバアサガオ。 *ヒルガオ科サツマイモ属。 *花期:6~10月。 *花言葉:はかない恋。 どなたかが植えたものだと思われます。 花言葉は「はかない」とか言ってますが、 はかない、かなあ(ー_ー; 一日中咲いていますし、暑さ寒さにも強…

セイタカアワダチソウの向こうに

雲ひとつ無い晴天。 セイタカアワダチソウが秋風にそよいでいます。 セイタカアワダチソウ(背高泡立草) *キク科アキノキリンソウ属。 *別名:セイタカアキノキリンソウ *花期:9~11月 *花言葉:元気、生命力。 花は鮮やかな黄色。 群生しますので…

のんびり秋の日

本日の俳句。 秋晴れの空を背負うか 黒い猫。 晴れた日には空き地の草刈りをしております。 終わりはまだ見えません。 ^ー_ー^ 離れ前の草も刈るべき。 ここまでは手が回りません。 まだ歩けないほどではないので放置です。 野生の猫草ランドってことで。 …

ミズネコノオが咲くころに

準絶滅危惧種(NT)ミズネコノオ。 今年も田んぼの端っこに咲いております。 ※参照 ➽ ミズネコノオの季節 この花が咲くころになるとやってくる。 ご招待状。 動物病院から、ワクチンのご案内です。 対象はキジとクロ。 猫の通院はどなたさまも苦労なさってお…

秋に咲く謎の白い花

大きな台風が通り過ぎていきました。 まだまだ強い風が吹き荒れて、雨がぱらぱら落ちてきます。 不燃資源ゴミを出しにいきましたら、 集積所の扉にしがみつく蝉の抜け殻。 けっこう前からここにあるのですが、 あの暴風を乗り切ったようです。 田の畦を見て…

【突発ポエム】ひそやかな足音

おとつい地面から顔を出したばかりの彼岸花。 昨日はまだつぼみだったのに、もう満開。 秋は猫のように足音を盗んでやってくる。 そうろり そろり。 夏のしっぽのすぐうしろに、秋の鼻先が続いている。 そうろり そろり。 暑さの残る空気に秋の匂いが混じる…

秋の蚊は必死に追いかけてくる

本日もよいお天気。 気温は高めですが、草刈り日和です。 ^・ω・^ お家で待ってる。 サバに見送られて、空き地へ向かいます。 現場ではヤハズソウが花盛り。別名ハサミグサ。 ピンクの小花が可愛らしい。 まあ、容赦なく刈り取るわけですが。 ういーん。 …

ホテイアオイが咲かなかった夏

実家の庭の片隅に金魚とメダカが住んでいます。 彼らが暮らしているのは小さなプラスチック製の池。 かれこれ30年くらいはこの場所にあるような気がします。 ※池の思い出 ➽ メダカ池のこと 例年、夏になるホテイアオイがびっしり繁茂。 涼しげな花を咲かせ…

夏のなごりの野の花さんぽ

8月終わりの月曜日。 今年は雨が多かったせいでしょうか。 稲刈りがゆっくりペースで進んでいます。 今日はお天気もよく、黄金の穂がきらきら。 ちょろっと野道を散歩してみましょうか。 そびえるヨモギ。 風はすっかり秋の気配ですが、雲がもくもく。 まだ…

ダイダイファームより

みなさまこんにちは。ダイです。 体重が5キロまで戻りました。 1ヶ月で800グラム増えましたよ。 人間でいうと8キロくらいになりますね。 びっくりです。 みなさまの励ましのおかげです。 本当にありがとうございます。 先日、お友だちの福くんがうちの…

庭の千草 ~猫たちの避暑地~

百日紅(サルスベリ)の花が咲きました。 今年初の開花です。 フライング気味にやってきた猛暑。 夏はまだまだこれからが本番。 これから数ヶ月はこの花のターンです。 ^・ω・^ いいお天気。 昨日の豪雨はどこへやら。 ぴかぴかの夏空が広がっております。…

梅雨バテとヒヨドリジョウゴ

小雨の中、今朝も猫たちのお出迎え。 ^・ω・^ 朝ごはん~。 空気はじっとり、じめじめ。 人間は梅雨バテ待ったなしですが、猫たちと草は元気です。 そして今年も生えてきました。 離れの床下からヒヨドリジョウゴ。 *漢字名:鵯上戸(ひよどりじょうご) …

アメリカノウゼンカズラとモテ猫

アメリカノウゼンカズラが咲き始めました。 曇天に鮮やかな朱色がくっきり。 私がこの花の名前を知ったのは去年です。 しつこいツル草だと思っていたら、園芸種でした。 ※参照 ➽あなたは何もの? ~フェンスに咲く赤い花~ アメリカノウゼンカズラ *ノウゼ…

トゲトゲの木と赤いグミの実

むかし昔。3年以上前のことです。 ポタジェガーデンを夢見ていた頃がありました。 造園会社にお願いして放置畑を整地していただき、 美しいレンガ道まで敷いてもらいました。 今は草畑ですが(°_° レンガ道の外側に、正体不明の木がありまして。 それを私は…

冬剪定を乗り越えたアジサイとサバ猫

11月にアジサイをばっさり剪定しました。 ※参照 ➽ 【紫陽花剪定】ひと刈りいこうぜ! そりゃあもう、容赦なくバシバシ切りましたので 「大丈夫ですか?」 と、ご心配くださった方もいらっしゃいました。 あれから6ヶ月ちょい。 アジサイは現在、こんな様…

庭の千草 ~十薬の園から~

風薫る五月も、もう下旬。 着々と季節は進み、どくだみが庭を制圧しつつあります。 離れに入ろうとしますと、玄関前に どくだみ。 うっかり踏んづけるとすごく臭います。 そっと避けて通りましょう。 離れの中から庭を臨みますと、 前を見てもどくだみ。 左…

あぜ道のふわふわ

5月のふわふわ。 田んぼの畦や土手に、白い穂が揺れる季節になりました。 この植物は、お名前を「チガヤ(茅)」といいます。 *イネ科チガヤ属 *多年草 *花期:春~初夏 *別名:つばな、ちばな、まくさ、まかや、かや…。 その他たくさん。 私は「つんば…

【写真で見る】キウイの一年

5月の中旬になると、キウイの花が咲き始めます。 キウイフルーツには雄株と雌株があります。 雌雄異株の植物ですね。 男の子の木には『雄花』が咲き、 女の子の木には『雌花』が咲きます。 こちらが雄花。 花の中心におしべがたくさん。 黄色いのは花粉の色…

桜を切る

ふと気づくと、桜の木が生えていました。 小鳥の落し物から木が生えるのはよくあることですが、これは違います。 かれこれ4年以上前に父が植えたものです。 絶妙に邪魔で、お世話しづらい場所に生えています。 父よ、なぜここに植えた。 去年も、これくらい…

庭の千草 ~ヒメイワダレソウの下には~

タンポポにナミハナアブ。 ミツバチかと思ったら違いました。 *ミツバチよりまるっこい。 *おめめがでかい。 *羽が2枚しかない。 ナミハナアブはミツバチによく似ています。 けれど、針がないので刺される心配はありません。 さあ、作業を始めましょう。…

はみ出したラムズイヤー

庭のお砂利場にラムズイヤーが生えました。 ラムズイヤー。羊の耳。 葉っぱが肉厚で、ふわふわと白い毛に覆われているよう。 他の野草たちとはひと味違います。 いったいどこから来たのかといいますと、 *在りし日のラムズイヤー。 *撮影:2020年5月…