やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

台風がちかづいてくると、なぜおじいちゃんは水路を見に行くのか。

1.田んぼが心配で心配でしょうがないから。

2.とっても大切なものを忘れてきたのに気づいてしまったから。

3.毎日の習慣になっているので、つい。

 

ブブー、どれもハズレです。

 

まあ、可能性としては0%じゃないかもしれませんけど…。

こちらをご覧下さい ↓

f:id:kaedeya:20180903174600p:plain

農業用水路です。水は流れていません。

ここも、夏の間は満々と水を湛えていたのです。魚もいたよ。

用水路の水量は、きちんと管理されています。

管理は回り順の当番制。それぞれの地区(集落)に「水当番」がいます。

水当番は一人ではなく、地区内の1つの班が担当します。

ただ、水量を管理するための「鍵」を握っているのは班長さんか区長さんです。

 

鍵というのは、

「水門」の鍵です。

 

河口堰を思い描いて下さい。

それが小型になったもの。それが水門です。

丸いハンドル式のバルブを回すと、重い金属製の扉が上下に動きます。

扉が上がれば水が流れ、完全に下がるとせき止められます。

これによって、水の流れる方向を変えることも出来ます。

 

Aという集落が管理する水門が、上流のBという集落を通り抜けた向こうにある…

というケースもあります。

そうして、多くの場合、メインとなる水路は集落の中を通っています。

 

もう、お分かりですね。

集落の安全も、水当番の方の判断と行動にかかっているのです。

 

私の実家がある集落には、三級河川が流れています。

ええもう、村のど真ん中をくねくねと。

これは簡単にあふれます。

床下浸水くらい、あっという間です。

こういう災害を防ぐために、水当番さんはあれこれと頭をひねります。

管理を任されている水門は一つではありません。

大小、さまざまです。

f:id:kaedeya:20180903181126p:plain
f:id:kaedeya:20180903181137p:plain

これは個人の田んぼに水を引くためのものですが、例として載せてみました。

土嚢を積んだもの、木製の門もあります。

 

「◆月◇日に台風が接近する見込みです」

天気予報が予測したとします。

1.どのタイミングで

2.どの水門を

3.どのくらい開閉するか

 

稲刈りがまだ終わっていなければ、田んぼ水没、大打撃の可能性もある。

収穫した後でも、村の家屋が浸水被害に遭うことだってありえます。

責任重大です。

土嚢を動かす場合、水当番班以外の人たちにも動員をかけなければなりません。

 

予報が出てすぐに水門を全部閉めたら?

農業は成り立ちません。

 

あっちの水路、こっちの水路。

流れる水の声を聞きながらの判断です。

必死です。

だって、たくさんの人の生活が、人生がかかっているのですから。

そうして、不幸な事故が起こることもあるのです。

 

今朝、8時ころ水門の前を通りかかったら、

半袖Yシャツ姿のおじさん二人がすでにバルブを調節していました。

一番最初にお見せした写真では、水門が完全に閉じられた状態になっています。

この辺りはもう稲刈りが済んでいますから。

水はもっと大きな、二級河川の方に流れるようになっています。

 

この4月から集落のさまざまな行事に参加するようになって、

農の仕組みが少しずつ分かってきました。

実は私の属する班も、今年水当番にあたっています。

5月にみんなで水門巡りをしてきました。

軽トラックに分乗してね。風が気持ちよかったです。

 

お隣の集落にある土嚢の水門では、袋が破れて草が生えていました(苦情がくるよ)。

この時始めて知った単語。

 闇水。 

この「闇水」というのはですねえ…。

おっと誰か来たようだ。

つづきはまた後ほど。