やれることだけやってみる

マイナスからの畑作り。草と戦い、疲れたら猫といっしょに昼寝をします。

ドキッ! 猫の胸にコリコリした出っ張りが?!

ニシキギがわずかに紅葉し、赤い実をつけています。

f:id:kaedeya:20191105161321j:plain

昨日はウチのキジが、みなさまに大変ご心配をおかけいたしました。

お見舞いのコメント、ブックマークに

 

やべえ。病院に行かねば(°_°;

 

と、私の気持ちも引き締まりました。

 

※ ↓ 昨日のブログ記事です。

kaedeya.hatenablog.com

 

みなさまをヤキモキさせるのは本意ではありませんので、結論から。

 

骨でした(°▽°;

 

行きつけの獣医さんは、キジのお腹を触診なさるとすぐに、

 

「これは奇形やな」

 

と診断して下さいました。

わりとあるみたいですよ。

 

では、ご説明いたします。

 

昨日の図をもう一度使います。

 

◇猫の胸骨と肋骨(あばら骨)・正面図。

 

f:id:kaedeya:20191104212913p:plain

猫は13本の肋骨を持っています。

うち、9本は胸の真ん中にある胸骨につながっています。

下の方4本はつながっておらず、胸骨の内側にあります。

胸骨はまるいカーブを描いて、肋骨と共に内臓を守っています。

 

さて、キジの場合はこの胸骨が曲がっていました。

本日も図にして説明いたします。

 

◇一般的な猫とのキジの胸骨・側面図。

f:id:kaedeya:20191105163031p:plain

キジの場合、胸骨が途中で曲がっていました。

内臓の方に向かってへこみ、外側に向かって飛び出しております。

この先っぽが、外から触るとコリコリと感じられるのです。

 

獣医さんのお言葉

「これだけ成長していれば心配いりません」

 

そう。

この胸骨のへこみ具合がひどいと、内臓が圧迫されます。

 

漏斗胸(ろうときょう)

 

呼吸困難などの症状が出ます。

胸骨を広げ、肺が膨らむようにする手術が必要になる場合もあります。

成長できずに、儚くなってしまう子猫もいます。

 

幸い、キジの場合は形がちょっと個性的なだけ。

漏斗胸には相当しません。

で、さらに獣医さんがおっしゃるには、

 

「これは遺伝ですね」

 

なんと!(°△°;

 

キジのコリコリに気づいたとき、私は猫たちの痛くもない腹を探りました。

 *サバとクロ → コリコリなし。

 *ダイちゃん → わずかに手応えがあるような気がしなくもなく…。

 

ダイちゃんは肉厚ですので、ちょっと、かなり分かりづらかった。

しかし、私の手の感覚を信じるならば…。

 

 

キジ=『ダイちゃんの実の息子説』浮上!(°△°;

 

女医さんにも、「その可能性は高いねえ」と言われました。

全く心当たりがなければ、いくら温厚なダイちゃんでも授乳までは

ちょっと、ねえ。

 

^・ω・^ さあ。よく分かんない。

f:id:kaedeya:20191105175659j:plain

 

みなさま、ご心配ありがとうございます。

キジは大丈夫です。

f:id:kaedeya:20191105174823j:plain

 

私が大丈夫ではなかったですが(ー_ー;

 

 

ーおまけ・本日の私ー

 

サバ、ワクチン予定日。

キジを先に病院へ連れて行くことも考えた。

しかし、サバの方が警戒心が強く捕まりにくい。

キジがどこかへ連れて行かれるのを見たら、余計に捕まらなくなる。

先にサバの身柄を捕獲することにする。

 

一番油断している朝ごはんの時に、洗濯ネットを準備。

ところが、洗濯ネットを見たサバの警戒心がMAXに。

がっくりとしつつ、ノラ母たちにごはんをやりに軒下へ…。

 

段差につまづいて、景気よくすっ転ぶ。

 

盛大にカリカリをぶちまける。

 

チビたん、ブチさん、ドン引き。

膝小僧を擦りむく。

※たぶん明日辺り、青黒い打ち身跡が浮き出てくると思われます。

 

神様が

『今日はもういろいろ諦めなさい』

とおっしゃっているような気がした。

 

目を離した隙に、オス猫が庭に侵入。

トロール帰りのダイちゃん、家の中でおやつタイム。

ダイちゃんと入れ替わりに外に出てしまったサバが応戦。

 

このオス猫です。

f:id:kaedeya:20191105172951j:plain

※ちょこんと座って、困惑した顔でサバを見ていました。

 

サバ、ピンチ!

 

うぉあ~お \(°△°   ← 威嚇する私(ダイちゃんの代理)

 

オス猫、去る。

サバ、逃げ帰ってダイちゃんにぴったりくっつく。

腰が抜けている模様。

試しに抱っこしても、抵抗なし。

これ幸いとキャリーに入れて獣医さんへ。

 

サバの信用をなくす。

f:id:kaedeya:20191105173714j:plain

サバ、無事ワクチン接種終了。

避妊手術の縫合糸を噛みちぎり、ピロ~ンとなっていたのも切ってもらう。

 

戻ってきてから、運良くキジも捕獲できたので病院に連れて行きました。

獣医さんにご用があるときは、なぜかいつも二往復するはめになります。

膝小僧が痛いです。

あと、左足首、右腰と左の股関節が少し。手のひらも。

 

どう転んでどこを打ったのか、自分でももう分かりません。